経営

新入社員が感じる違和感

投稿日:2014年2月13日 更新日:

新卒採用であれ、中途採用であれ、はたまたアルバイトであれ、

新しく会社に入ってくる人

というのは非常に重要だと思う。
最近とある店舗に新しく入ったスタッフが、お客様のクレームや、クレームに繋がりそうな出来事を周囲に発信してくれている。
日々の営業や、仕事のやり方に慣れてしまうと、

【問題】に対する感受性が鈍ってしまう。

そんな時、新しいスタッフの感じる【違和感】が【慣れ】に気付く良いきっかけとなる。
日々の営業で慣れてしまっている事を自ら問題提起する事は仕事を増やすことになるかもしれない。

しかし、臭いものに蓋をし、問題を先送りすると、不満を持ったお客様はすぐにお店から離れていってしまう。

【即応】すぐに手を打つ

【予応】問題が起きないように予め支度する

両方が大切。
我社には発信する仕組みがあるとはいえ、

入ったばかりで周囲にそんな事を発信するのは簡単にできる事ではない。

しかし、経営理念にもある通り、

「私たちの組織は誰がリーダーシップを取ってもよい。その時その状況で一番効果的なリーダーシップを発揮できる人が取るべきである」

新入社員が最もリーダーシップを発揮できるのは、

「良い」「悪い」はひとまず置いといて、

その組織、その職場にある「違和感」を感じる事だと思う。
その「違和感」がお客様指向で考えて「悪い」であればそれは【問題】となる。

「あとで」とか、「自分の出る幕じゃない」だとか、「指令系統が違う」などとしり込みせず、

『今すぐその場で気付いた人が』

発信し、改善できる組織でなければならない。
新しく入った社員が【違和感】を感じる事ができる、

ごく限られた時間

を逃してはいけない。

-経営

執筆者:

関連記事

葡萄酒の戦略

葡萄酒の戦略(2011-03-05)

昨日、アーサー・D・リトル・ジャパン株式会社 プリンシパル 前田 琢磨 氏の講演を聴きに行きました。 テーマ:「葡萄酒の戦略」~経営コンサルタントが語る戦略の真髄~ 先日も、「戦略って何?」というテー …

ベストプラクティス

ベストプラクティス

ある結果を得るのに最も効率的な技法/手法/プロセス/活動などがあるとする考え方。 最善慣行、最良慣行と訳されることもある。 すなわち、適切なプロセス/チェック/検証を行えば、問題や予期しない複雑さを低 …

人事考課制度

人事考課制度の検証(2011-11-06)

2011年度から人事考課制度を策定、導入して運用していますが、先日経営大学院での人材マネジメントの講義とケースで課題の構造を考えさせられました。 求める人材像:お客様や女性スタッフから好感を持って選ば …

バランストスコアカード

シナリオを作れるか(スコアカードの運用)

バランストスコアカードを作成して運用しているお店がありますが、その取り組みから学んだ事。 業績を上げるには、「シナリオを作って、伝え、実行するさせる」力が必要。 スコアカードでは8つの領域、20個のマ …

経営計画

3ヶ月経営計画(2011-07-23)

とある外資系IT企業の方から、世界1500人のCEOにインタビューとアンケートをした報告書をお借りし、その中で、 今の世の中において、『この危機が去るまで待て。これが過ぎれば元の状態に戻る』はもう期待 …

人気記事ランキング(PV/日)