経営

新入社員が感じる違和感

投稿日:2014年2月13日 更新日:

新卒採用であれ、中途採用であれ、はたまたアルバイトであれ、

新しく会社に入ってくる人

というのは非常に重要だと思う。
最近とある店舗に新しく入ったスタッフが、お客様のクレームや、クレームに繋がりそうな出来事を周囲に発信してくれている。
日々の営業や、仕事のやり方に慣れてしまうと、

【問題】に対する感受性が鈍ってしまう。

そんな時、新しいスタッフの感じる【違和感】が【慣れ】に気付く良いきっかけとなる。
日々の営業で慣れてしまっている事を自ら問題提起する事は仕事を増やすことになるかもしれない。

しかし、臭いものに蓋をし、問題を先送りすると、不満を持ったお客様はすぐにお店から離れていってしまう。

【即応】すぐに手を打つ

【予応】問題が起きないように予め支度する

両方が大切。
我社には発信する仕組みがあるとはいえ、

入ったばかりで周囲にそんな事を発信するのは簡単にできる事ではない。

しかし、経営理念にもある通り、

「私たちの組織は誰がリーダーシップを取ってもよい。その時その状況で一番効果的なリーダーシップを発揮できる人が取るべきである」

新入社員が最もリーダーシップを発揮できるのは、

「良い」「悪い」はひとまず置いといて、

その組織、その職場にある「違和感」を感じる事だと思う。
その「違和感」がお客様指向で考えて「悪い」であればそれは【問題】となる。

「あとで」とか、「自分の出る幕じゃない」だとか、「指令系統が違う」などとしり込みせず、

『今すぐその場で気付いた人が』

発信し、改善できる組織でなければならない。
新しく入った社員が【違和感】を感じる事ができる、

ごく限られた時間

を逃してはいけない。

-経営

執筆者:

関連記事

ビジネスマナー体験講座

営業の要素

会社、店舗を経営していく上で、営業の要素はとても多い。 現在業績不振店舗再建PJの中で、 ・お客様向け ・キャスト向け のお店の強み、メリットを洗い出して、それを伝えるトレーニングをしている。 店舗独 …

成熟産業

成熟産業でどう成長するか

「成熟社会においては、企業の成長=人の成長だと私は考えております。なにしろ、パイは成長しないのですから、社員が成長する以外に企業が成長していく方法はありません」 アサヒビール荻田会長の言葉です。 我々 …

ベストプラクティス

ベストプラクティス

ある結果を得るのに最も効率的な技法/手法/プロセス/活動などがあるとする考え方。 最善慣行、最良慣行と訳されることもある。 すなわち、適切なプロセス/チェック/検証を行えば、問題や予期しない複雑さを低 …

HRカンファレンス

HRカンファレンス①(2011-05-26)

先日【日本の人事部】主催のHRカンファレンス2011に行って来ました。 2日間あるうちの、2日目の一部しか参加できませんでしたが、リクルートワークス研究所の大久保所長の基調講演が、今後組織を成長させる …

情報の解釈と価値観

情報の解釈と価値観

先週ビジネススクールで、【情報を解釈して論理を組み立てる】という事を学んでいて、受講生の方とグループワークで議論をしていて感じた事です。 「情報の解釈やメッセージの抽出には、知識や経験だけでなく、【価 …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)