経営

最初ずっこけたから良かった。商売の厳しさを学べた。

投稿日:2014年2月13日 更新日:

昨日カンブリア宮殿にCOCO壱番屋の創業者宗次夫妻が出演されていた。
創業当初2日間だけは繁盛したが、3日目からは閑古鳥が鳴いたそう。
それについてこんな事をおっしゃっていた。

 

「最初ずっこけたから良かった。商売の厳しさを学べた」

 
おっしゃる通りだ。

 

 

最初から、中途半端な努力で成功してしまったら、
「これでいいんだ」
と頭がアホになってしまう。
あまりに有名な話ではあるが、
パナソニック創業者の松下幸之助氏は

 

「好況良し、不況なお良し」

 

とおっしゃった。

 

 

言葉と言うのは不思議なもので、

同じ言葉を聞いていても、それを聞くタイミング、その時の状況によって受け取り方、響き方が全然違う。

 

今は業績が良くないのも、人が育っていないのも全てありがたいチャンスだと思える。

 

会社を成長させるのがそんなに簡単なはずが無い。

 
毎日やっている事は地味で、すぐに業績になって現れてはこない。

 

今がジャンプする力を溜めるチャンス。

 

10年たってもしゃがんだまんまでいないように。

 

人生も恋愛もプレーボールがかかったばかりだろ。
試合は、何度でもひっくり返る。

そしてたとえ負けたとしても、試合は一試合だけじゃない。
これから先、何試合も戦っていかなきゃならねえんだ。

恋愛だけじゃねえ。
仕事、病気、人間関係 相手もいろいろだ。

勝ったり負けたり、泣いたり笑ったり、
だから人生おもしろいんだろ?

それとも連戦連勝で
   死ぬまで笑いっぱなしの人生がお望みかね?

-経営

執筆者:

関連記事

アンゾフの事業マトリクス

売上拡大と事業展開

「いかにして企業を成長させるか」 という問いに対して、アンゾフの製品/市場マトリクスがフレームワークを提示している。 ①市場浸透戦略 市場も製品(商品・サービス)も既存のもので成長を図ろうとする戦略 …

人事の役割

経営を加速する人事の役割(2012-02-08)

今日はサイバーエージェントにこの人有り、と言われる取締役人事本部長の曽山さんと、現在飛ぶ鳥落とす勢いで急成長されているGREEの人事本部長の中西さんのお話を聴いてきました。 強烈な成長を遂げている両社 …

天使と悪魔

倫理観について(生活保護の不正受給で考えると…)(2012-06-18)

通っている経営大学院で倫理観について考える講義がありました。 最近生活保護の不正受給が話題になったこともあり、自分は良い悪いの判断を何に照らしてしているかについても考えるきっかけになりました。 自分が …

スマートデバイス

スマートデバイスが切り開く成長戦略(2012-07-27)

「スマートデバイスが切り開く成長戦略~普及段階に入った新たなデバイスを、どう競争力につなげるか~」(ZDNet Japan 主催)というビジネスカンファレンスに行ってきました。 急速に普及するスマート …

少数精鋭

少数精鋭とは

年末は稼ぎ時なので、今週月曜日から30日まで現場のオペレーションに入っています。 事務所には時間を遅らせて午後出勤にして、夜の営業開始くらいに店舗に行きます。 やっぱり現場はいいです。 一体感というか …

人気記事ランキング(PV/日)