経営

経営を加速する人事の役割(2012-02-08)

投稿日:2014年2月13日 更新日:

今日はサイバーエージェントにこの人有り、と言われる取締役人事本部長の曽山さんと、現在飛ぶ鳥落とす勢いで急成長されているGREEの人事本部長の中西さんのお話を聴いてきました。
強烈な成長を遂げている両社のお二人から、成長企業のスピード感や仕事のレベル感をビシビシと感じました。

【今日の学び】

①スピード感を持って決断や実行をしながら、大切な事は長い時間をかけてでも成果が出るところまでやりきる粘り強さ

新しい事業やサービス、取り組みを次々と生み出していて、とても派手に見える両社ですが、その一つ一つが成功する背景には、多くの時間と労力をかけて地道な活動を続けていらっしゃいました。

サイバーエージェントで有名な、「じぎょつく(社員による事業提案イベント)」は今でこそ800件以上の応募があるそうですが、最初14件から10回目までは100件にも満たなかったそうです。
賞金を出したり面談をしたりと色々やってもなかなか応募数が伸びず、藤田社長からも「もうやめたら?」と言われるほどだったそうです。

GREEでも採用面接を社長から他の幹部の方々に権限委譲していく時には、目線のすり合わせのために何度も話し合い、少しずつ時間をかけて行ったそうです。

様々な新しい経営手法や派手な取り組みも、『粘り強い継続』無くしては効果を上げられないのだと再認識させられました。
「これをやったらうまくいく」なんてものは無くて、企業間で差が出るところはそれをやりきる実行力と粘り強さなのだと思います。

②制度や企画そのものだけでなく、運用が大事。考え抜かれた運用で成功まで導いている

上記と少し近いですが、良いと思える制度が誰にとっても良いなんていう事はほとんどありません。
CA社では、その事を理解した上で、「どんな白けがどこで起こるか。それをどうするか」を徹底的に心理シミュレーションするそうです。
過去、曽山さんが少し厳しい制度を提案された時、藤田社長が「良い制度だけど、それって白けるよね。それやられたら嫌じゃない? 」とおっしゃったそうです。

なるほど確かに!と思いました。
このお話は、今年採用や評価の変革を考えていた我々にとってもとても示唆に富んだものでした。
成果に厳しくするのは良いですが、白けのイメトレをした上で、運用を楽しくして社内でちゃんと流行らせなくてはいけないという事でした。

③成長する人は、「決断経験」と「意思表明」の質と量が高い

【成長する人材】とは、「決断経験」と「意思表明」の質と量が高い人だそうです。
研修も大切ですが、自分自身で悩んで考え抜いて決断して成功した事や失敗した事が一番その人を成長させるという事です。

そんな経験を、人事としてどこまで設計していけるかを今後の課題にしたいと思います。

-経営

執筆者:

関連記事

100円ショップの文房具

消費の二極化(2010-10-19)

最近は街を歩いていると、ユニクロやH&M、ZARAなどの低価格衣料品のお店に非常に勢いがあるのを感じます。 100ショップも生活の中に無くてはならない存在になりました。 しかも低価格衣料や100円ショ …

飲食店の店長

飲食店は店長で決まる!店長が変わって潰れてしまった定食屋。

最近お気に入りだった定食屋さんが潰れているのを発見しました。 そのお店は店長らしき人が変わってからサービス落ちたなぁと感じていたので、飲食店チェーンの業績が店長で決まるという事を再認識しました。 事例 …

HRカンファレンス

HRカンファレンス②(人材採用)(2011-05-27)

先日参加したHRカンファレンスでリクルートワークス研究所の大久保所長から聞いた採用のちょっと興味深い話です。 リクルートワークス研究所さんでは、【リーダーシップ】と【専門性】という二つの軸でビジネスパ …

成熟産業

成熟産業でどう成長するか

「成熟社会においては、企業の成長=人の成長だと私は考えております。なにしろ、パイは成長しないのですから、社員が成長する以外に企業が成長していく方法はありません」 アサヒビール荻田会長の言葉です。 我々 …

オリエンタルラウンジ イブ 新宿歌舞伎町

【利益予測】歌舞伎町で話題の相席ラウンジ オリエンタルラウンジ-イブ-

ここ数年流行りの『相席〇〇』、最初はセクションエイトさんの相席屋だったと思います。 過去記事:居酒屋はなこが相席屋に業態転換している件を考察してみた そして2016年3月、新宿歌舞伎町、風林会館に24 …

人気記事ランキング(PV/日)