経営

情報の解釈と価値観

投稿日:2014年2月13日 更新日:

先週ビジネススクールで、【情報を解釈して論理を組み立てる】という事を学んでいて、受講生の方とグループワークで議論をしていて感じた事です。

「情報の解釈やメッセージの抽出には、知識や経験だけでなく、【価値観・考え方】も色濃く反映する」

という事は、動かしたい相手の価値観、考え方も考慮しなければならないし、組織レベルでは価値観、考え方のベクトルを揃える必要がある。

いくら緻密にロジックを組み立てていても、最初の情報から抽出したメッセージに対して、相手から
「いや、俺はそうは思わない、そういう捉え方は好かん」
なんて言われる事だってある。

例えば、
「エースは温存するのか、谷に突き落とすのか」
「強みを伸ばすのか、逆境を覆すのか」

・○○事業部は延びているし、有望な新製品を投入する
・××事業部は低迷しているし、投入できる資源も限られている
・エース格の□□さんは将来の経営幹部を嘱望されている

ここで、□□さんをどちらの事業部に投入するか。
どっちが好きかで情報から導かれる解釈が変わってきます。
※もちろん、他にも情報を集めはするのですが
この時点の解釈では、どちらが妥当性が高いとは言い切れませんが、その解釈を基にその先の論理を組み立てていかなければなりません。

マーケティングの話で、「みんな裸足で生活している島を、どんなマーケットと捉えるか」という話がありましたが、この話の例のように、どっちの考え方の方が成果に結びつきやすいという例ばかりではありません。

というよりも、そもそも【好き・嫌い】の問題は、場合によっては【成果】よりも先に来てしまう事があります。

それが先日のブログで書いた

この事業は儲かるかも知れなけど、我社ではやらない

というような価値観でもあるのだと思います。

うーん、、、だいぶまとまりがつかなくなってきましたが、、、。

とは言っても、何でも好き嫌いで決めてよいわけでもないので、論理の妥当性と人の好き嫌いのバランスを取って、様々な意思決定をしていく必要があるという事でしょうか。

-経営

執筆者:

関連記事

オリエンタルラウンジ イブ 新宿歌舞伎町

【利益予測】歌舞伎町で話題の相席ラウンジ オリエンタルラウンジ-イブ-

ここ数年流行りの『相席〇〇』、最初はセクションエイトさんの相席屋だったと思います。 過去記事:居酒屋はなこが相席屋に業態転換している件を考察してみた そして2016年3月、新宿歌舞伎町、風林会館に24 …

賃金制度と人事考課

賃金制度と人事考課(2010-09-13)

賃金制度と人事考課制度を作成中。 内容は大きく分けて以下の通り。 役職と等級による賃金テーブル 人事考課シート(業績評価・行動評価) 行動評価項目とそのレベル基準値 考課結果による給与改定指標 だいぶ …

答えはお客様

答えはお客様が持っている

私たちのビジネスで業績を上げる為の解はどこにあるか。 答えは常にお客様が持っている。 つまり目の前にある。 ・どうしたら足を運んで戴けるか ・どうしたらもっとお金を遣って戴けるか 「行かない・行けない …

成熟産業

成熟産業でどう成長するか

「成熟社会においては、企業の成長=人の成長だと私は考えております。なにしろ、パイは成長しないのですから、社員が成長する以外に企業が成長していく方法はありません」 アサヒビール荻田会長の言葉です。 我々 …

日本航空(JAL)

企業が倒産する時(2010-10-27)

日本航空が3回目となる希望退職の募集を始めました。 背筋が凍ります。 リストラの対象者は42歳以上。 家庭もあるし、ローンもあるでしょう。 しかしながら、「日本航空」と言う企業で見た時には、日本政府の …

人気記事ランキング(PV/日)