情報の解釈と価値観

公開日: : 最終更新日:2015/04/08 経営

先週ビジネススクールで、【情報を解釈して論理を組み立てる】という事を学んでいて、受講生の方とグループワークで議論をしていて感じた事です。

「情報の解釈やメッセージの抽出には、知識や経験だけでなく、【価値観・考え方】も色濃く反映する」

という事は、動かしたい相手の価値観、考え方も考慮しなければならないし、組織レベルでは価値観、考え方のベクトルを揃える必要がある。

いくら緻密にロジックを組み立てていても、最初の情報から抽出したメッセージに対して、相手から
「いや、俺はそうは思わない、そういう捉え方は好かん」
なんて言われる事だってある。

例えば、
「エースは温存するのか、谷に突き落とすのか」
「強みを伸ばすのか、逆境を覆すのか」

・○○事業部は延びているし、有望な新製品を投入する
・××事業部は低迷しているし、投入できる資源も限られている
・エース格の□□さんは将来の経営幹部を嘱望されている

ここで、□□さんをどちらの事業部に投入するか。
どっちが好きかで情報から導かれる解釈が変わってきます。
※もちろん、他にも情報を集めはするのですが
この時点の解釈では、どちらが妥当性が高いとは言い切れませんが、その解釈を基にその先の論理を組み立てていかなければなりません。

マーケティングの話で、「みんな裸足で生活している島を、どんなマーケットと捉えるか」という話がありましたが、この話の例のように、どっちの考え方の方が成果に結びつきやすいという例ばかりではありません。

というよりも、そもそも【好き・嫌い】の問題は、場合によっては【成果】よりも先に来てしまう事があります。

それが先日のブログで書いた

この事業は儲かるかも知れなけど、我社ではやらない

というような価値観でもあるのだと思います。

うーん、、、だいぶまとまりがつかなくなってきましたが、、、。

とは言っても、何でも好き嫌いで決めてよいわけでもないので、論理の妥当性と人の好き嫌いのバランスを取って、様々な意思決定をしていく必要があるという事でしょうか。

更新情報をFacebookページでお知らせ


関連記事

経営計画

良い戦略とは(2010-12-08)

「良い戦略」とはを考えてみたいと思います。 最近読んだ本でなるほどなぁと思ったのが、 「短期間で

記事を読む

賃金制度と人事考課

賃金制度と人事考課(2010-09-13)

賃金制度と人事考課制度を作成中。 内容は大きく分けて以下の通り。 役職と等級による賃金テーブル

記事を読む

人事考課制度

人事考課制度の検証(2011-11-06)

2011年度から人事考課制度を策定、導入して運用していますが、先日経営大学院での人材マネジメントの講

記事を読む

お客様に好かれるスタッフ

お客様に選ばれるスタッフ

我々はFacebookのグループページで、参加している社員が、推進事項の進捗、日々気付いた事や考えて

記事を読む

野中郁次郎

野中郁次郎氏の講演(2011-06-25)

昨日、経理担当と一緒に野中 郁次郎 氏の講演会に行って来ました。 野中氏は知識経営の生みの親として

記事を読む

コンサルタント

事業家かコンサルタントか

とあるコンサルタント会社が塾と合弁会社を作ると言うニュースを見て、コンサルタント会社にも 【事業家

記事を読む

グローバル競争待ったなし!(2011-02-01)

今日はATカーニー日本代表 梅澤 高明 氏の講演を聴きに行ってきました。 「グローバル超競争」時代

記事を読む

100円ショップの文房具

消費の二極化(2010-10-19)

最近は街を歩いていると、ユニクロやH&M、ZARAなどの低価格衣料品のお店に非常に勢いがあるのを感じ

記事を読む

大学生プレゼン

大学生のマーケティングプランコンテスト(2011-09-05)

昨日【applim】という学生団体さんが主催している、マーケティングプランコンテストを見学してきまし

記事を読む

天使と悪魔

倫理観について(生活保護の不正受給で考えると…)(2012-06-18)

通っている経営大学院で倫理観について考える講義がありました。 最近生活保護の不正受給が話題になったこ

記事を読む

  • キャバクラについて何か知りたい事があれば、キーワード検索をしてみてください。
  • ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

    ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

  • ソーシャルメディアマーケティングのプロ50社
PAGE TOP ↑