経営

経営理念浸透意識調査②(2011-11-22)

投稿日:2014年2月13日 更新日:

経営理念浸透意識調査を今年も実施しました。
やはり経年で定量化した変化を見ると、見えづらい組織の状況が見えてきます。

各店舗の社員が日々の行動で実践していた事、新入社員研修でもしっかりと時間を取って伝え、考えてもらった事もあり、浸透度合いはずいぶんとアップしました。

【使命】
内容としては経営理念の中の

使命→4項目
価値観→7項目
ビジョン→5項目

をそれぞれ6段階で自分の理解・実践度を意識調査票で申告。

■結果
・全社トータルの理解・実践度
3.9点(6点満点)→4.3点
※16項目全てが、2010年度よりも高い数値になりました。

・役職別の理解・実践度
一般職:3.3点→3.9点
Mgr職:3.7点→3.9点
店長以上:4.5点→4.8点

■事実
・Mgr職の浸透度ばらつきが大きい
→Mgrから店長に昇格された社員、新しくMgrになった社員がいて、Mgrの顔ぶれがずいぶん変わっていたので、まだ浸透度に差がある
・顧客指向(4.9点)、チームワーク(4.8点)の浸透度が一番高い
→人事評価項目にも入れ込んで、各店長がその重要性を理解しスタッフを巻き込んできた結果
・2010年に一番ばらつきの小さかった店舗が、2011年度一番ばらつきが大きくなっている
→店長が変わり、従業員も大きく入れ替わった結果
社員の意識を定量化してみて、改めて強みが浮かび上がってきました。

理念の浸透度は確かに上がりましたが、まだまだ充分と言えるものではありません。
また、経営理念というものは、一時的な浸透度や1年2年の短期的な変化に一喜一憂するのではなく、しっかりと各個人の行動にまで反映されているかどうかをマネジメント~経営層が見ていく必要があると思います。

来年もぜひやりたいですね。

-経営

執筆者:

関連記事

いかだ

川を渡り終えたらいかだは置いていく

戦後65年。 時代に合わせて経営の在り方も変わってきました。 ●「生産性追求の時代」 モノ不足で作れば売れる時代。 経営のテーマは「どうやって効率的に作るか」 キャバクラで言えば、たくさんお客様が入る …

新入社員

新入社員が感じる違和感

新卒採用であれ、中途採用であれ、はたまたアルバイトであれ、 新しく会社に入ってくる人 というのは非常に重要だと思う。 最近とある店舗に新しく入ったスタッフが、お客様のクレームや、クレームに繋がりそうな …

中長期と短期

中長期と短期

2010年もあと1ヶ月半。 ここへきて数字的にもあまり楽ではありません。 その中で、中長期的な戦略を踏まえた投資と短期的な目先の業績、両方を取って行かなければいけません。 中長期的な視点で考えると、生 …

ココ壱番屋

最初ずっこけたから良かった。商売の厳しさを学べた。

昨日カンブリア宮殿にCOCO壱番屋の創業者宗次夫妻が出演されていた。 創業当初2日間だけは繁盛したが、3日目からは閑古鳥が鳴いたそう。 それについてこんな事をおっしゃっていた。   「最初ず …

ホンダカーズ

ホンダカーズ中央神奈川のCS

行ってきました。 2004年に日本経営品質賞を受賞し、日産のカルロス・ゴーン社長(当時)が来日直後真っ先に視察に訪れ、ホンダの福井威夫社長(当時)に「CS世界一」と言わせた、業界では知らない人はいない …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)