経営

人事考課制度導入(2011-01-19)

投稿日:2014年2月13日 更新日:

2011年度から人事考課制度の運用を始めました。
1月は2010年10月~12月までの業績と行動を評価しました。

初めての評価面談でしたが、説明会で一度シミュレーションをやっていた事もあり、ある程度スムーズに自己評価と上司評価からの給与改定スコア計算までできているようです。

ただ評価する側は、店舗のトップとしての経験の長い社員と、そうでない社員で評価の質にばらつきが見られました。

被評価者の高い自己評価に引っ張られて、上司評価も高くなってしまったり、上司評価と給与改定が被評価者に伝わっていなかったりと、改善点が見えてきました。

■改善点

評価基準のばらつき

会議の中でそれぞれの評価を共有し、全体の基準値を合わせていく

被評価者のとのコミュニケーション

評価者自身が被評価者となった時のコミュニケーションで体験を持って学習させる

我々のような小さな会社で人事考課なんて本当にいるのかと考えた時もありましたが、どうやら最初の目的は達成されそうです。

①人材育成

自分自身の能力の棚卸によって、啓発ポイントを明確にする

②人材の活用

業績と行動両面から高い評価を受ける人材の登用

③動機付け

明確な昇格ステップによる自己動機付け

 

さらには評価者自身の責任感の醸成と、人材を見る目を養う事にもつながると思います。
やはり、自分の評価によって部下の役職、給料が決まってしまうというのはかなりのプレッシャーです。
仕組みに頼らず、評価するという行為は、部下と本気でと向き合う良い機会になるはずです。

-経営
-

執筆者:

関連記事

人材採用

人材採用の精度を高める

1月から打っている男子求人が好調です。 いい感じの写真を使って、さわやかな印象を与える事ができたのでしょうか。 中期経営計画を達成するためにも、人材の採用と育成が急務です。 昨年まで、男子求人は「社員 …

大学生プレゼン

大学生のマーケティングプランコンテスト(2011-09-05)

昨日【applim】という学生団体さんが主催している、マーケティングプランコンテストを見学してきました。 この団体さんは、「新しいマーケティング手法に触れ、自ら新しいマーケティング手法を作る」事をコン …

答えはお客様

答えはお客様が持っている

私たちのビジネスで業績を上げる為の解はどこにあるか。 答えは常にお客様が持っている。 つまり目の前にある。 ・どうしたら足を運んで戴けるか ・どうしたらもっとお金を遣って戴けるか 「行かない・行けない …

社員ミーティング

社員ミーティング(2011-10-12)

月1度の全社員ミーティングの企画と司会を担当しているのですが、今日の社員ミーティングはとても良かったです。 いつもより時間を20分ほどオーバーしてしまいましたが、とても熱くて勢いのあるミーティングで、 …

HRカンファレンス

HRカンファレンス②(人材採用)(2011-05-27)

先日参加したHRカンファレンスでリクルートワークス研究所の大久保所長から聞いた採用のちょっと興味深い話です。 リクルートワークス研究所さんでは、【リーダーシップ】と【専門性】という二つの軸でビジネスパ …

人気記事ランキング(PV/日)