経営

川を渡り終えたらいかだは置いていく

投稿日:2014年2月13日 更新日:

戦後65年。

時代に合わせて経営の在り方も変わってきました。

●「生産性追求の時代」

モノ不足で作れば売れる時代。

経営のテーマは「どうやって効率的に作るか」

キャバクラで言えば、たくさんお客様が入るお店をどれだけ作るか。

●「営業の時代」

モノがあふれ、ライバル企業も増えてきた時代。

経営のテーマは「どうやって売るか」

キャバクラで言えばどれだけ女の子に営業をさせるか。

●「マーケティングの時代」

営業の方法だけでは頭打ちになり、「買い手のニーズに応える商品をいかに作るか」を追求する時代。

経営のテーマは「どんなものを作るか」

キャバクラで言えばいかにお客様のニーズを的確に読み取り、それに合わせたコンセプトを定めて、そのコンセプトに合った内装、キャストを揃えるか。
勝ち残っていくためにはこの先も変化しないといけない。

 

とあるブログでこんな言葉が紹介されていた。

「賢者は川を渡る時にいかだを組むのだ。川を渡り終えたらいかだは置いていかなければならない」

陸の上をいかだを持って歩いたら邪魔でしょうがないですね。
我々もこれまでの成功体験や、業界の古い常識を置いていかなければいけません。

-経営

執筆者:

関連記事

100円ショップの文房具

消費の二極化(2010-10-19)

最近は街を歩いていると、ユニクロやH&M、ZARAなどの低価格衣料品のお店に非常に勢いがあるのを感じます。 100ショップも生活の中に無くてはならない存在になりました。 しかも低価格衣料や100円ショ …

日本航空(JAL)

企業が倒産する時(2010-10-27)

日本航空が3回目となる希望退職の募集を始めました。 背筋が凍ります。 リストラの対象者は42歳以上。 家庭もあるし、ローンもあるでしょう。 しかしながら、「日本航空」と言う企業で見た時には、日本政府の …

コミュニケーション

現場力を鍛える

前回のブログで店舗展開に向けての課題で 「マネージャー育成」 を課題にあげました。 先日グループの全マネージャーを集めてミーティングを行い、「現状」と「希望する姿」を洗い出した。 マネージャー一人一人 …

ベストプラクティス

ベストプラクティス

ある結果を得るのに最も効率的な技法/手法/プロセス/活動などがあるとする考え方。 最善慣行、最良慣行と訳されることもある。 すなわち、適切なプロセス/チェック/検証を行えば、問題や予期しない複雑さを低 …

野中郁次郎

野中郁次郎氏の講演(2011-06-25)

昨日、経理担当と一緒に野中 郁次郎 氏の講演会に行って来ました。 野中氏は知識経営の生みの親として知られる経営学者で、著書『知識創造企業』はハーバードビジネスレビューにも掲載され、アメリカでも知られる …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)