経営

HRカンファレンス②(人材採用)(2011-05-27)

投稿日:2014年2月13日 更新日:

先日参加したHRカンファレンスでリクルートワークス研究所の大久保所長から聞いた採用のちょっと興味深い話です。

リクルートワークス研究所さんでは、【リーダーシップ】と【専門性】という二つの軸でビジネスパーソンの【成長】を図っているそうです。
当然その軸を測定するツールも持っていらっしゃるのですが、その調査結果によると、

「採用時のリーダーシップの数値で、その後の成長が大きく左右される」

そうです。

グラフに表すとこんな感じらしいです。

 

人材採用とリーダーシップ

 

採用時の上位20%のリーダーシップ係数を、下位20%が追い越す事はほとんど無いそうです。
ちょっと衝撃を受けました。

リーダーシップはPとMの2つの能力要素で構成されているというPM理論も紹介されていました。

「P機能(Performance function:目標達成機能)」

メンバーへの指示や叱咤激励などにより、目標を達成する能力

「M機能(Maintenance function:集団維持機能)」

人間関係に配慮し、集団のチームワークを維持・強化する能力

 

 

そして、将来のリーダーを採用する為には、この「リーダーシップ」と「論理的思考力」を見る必要があるそうです。
論理的思考を言い換えると、「中核としての俯瞰的把握の力」だそうです。
物事の構造を分解して、因果関係を見つけ、全体を見る事ができる能力ということでしょうか。

 

そして論理的思考力にも2つのタイプがあるそうです。

■理解型

物分りが良く、素直に物事を進めるタイプ
(東京大学に多い)

■納得型

まず物事を疑ってかかり、とことんまで追究するが、それで納得すると非常に高いエネルギーを発揮するタイプ
(京都大学に多い)

 

この違いを、官僚になるか、ノーベル賞受賞者になるかの違いかもしれないと。
なるほど。

うちの会社にはどっちのタイプがいいんでしょうか。
どっちも必要じゃないかな。
リーダーシップと論理的思考力を採用時に見る方法も聞きました。

■リーダーシップは実際にやっているところを観察する

・グループワーク
・インターンシップ

■論理的思考力は描いて表すところを観察する

・文章筆記
・図式化
観察した結果、どうだったらいいのかまで形にして運用できれば採用の精度がまた上がります。

-経営
-,

執筆者:

関連記事

飲食店の店長

飲食店は店長で決まる!店長が変わって潰れてしまった定食屋。

最近お気に入りだった定食屋さんが潰れているのを発見しました。 そのお店は店長らしき人が変わってからサービス落ちたなぁと感じていたので、飲食店チェーンの業績が店長で決まるという事を再認識しました。 事例 …

人事制度説明会

新しい人事制度の説明会

先日、2011年1月から運用する人事制度の説明会を行いました。 【説明会の流れ】 1 新しい人事制度の概要をまとめた資料で全体像の説明 2 これまでの人事制度との相違点を説明 3 新しい制度の運用スケ …

コンサルタント

事業家かコンサルタントか

とあるコンサルタント会社が塾と合弁会社を作ると言うニュースを見て、コンサルタント会社にも 【事業家】的な会社と【コンサルタント】的な会社があるなぁと思いました。 ニュースに出ていた会社は、飲食店やプロ …

中長期と短期

中長期と短期

2010年もあと1ヶ月半。 ここへきて数字的にもあまり楽ではありません。 その中で、中長期的な戦略を踏まえた投資と短期的な目先の業績、両方を取って行かなければいけません。 中長期的な視点で考えると、生 …

成熟産業

成熟産業でどう成長するか

「成熟社会においては、企業の成長=人の成長だと私は考えております。なにしろ、パイは成長しないのですから、社員が成長する以外に企業が成長していく方法はありません」 アサヒビール荻田会長の言葉です。 我々 …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)