経営

営業の要素

投稿日:2014年2月13日 更新日:

会社、店舗を経営していく上で、営業の要素はとても多い。
現在業績不振店舗再建PJの中で、

・お客様向け
・キャスト向け

のお店の強み、メリットを洗い出して、それを伝えるトレーニングをしている。
店舗独自の特徴を分解して、

相手のメリット

として語れるまで落とし込んでいく。
更に、お客様や求人応募者の話を聞いてニーズを探り、

そのニーズに対応するメリットをぶつけていく。
ここが難しい。

営業の購買動機づけでも、店舗での入店動機づけでも、

【聴く力】

が最も重要。
実際にロールプレイングをやってみると、出てきた質問や、ニーズにそのまま答えるだけと言うパターンが多い。

答えるだけでは仕事は決まらないし、お店を選んでもくれない。
相手のニーズの本質を汲み取って【応える】ことが必要。
その上で仮説をぶつけて検証し、クロージングをする。
そこに【気持ち】をプラスすれば動機づけの質は劇的に向上する。

はず。

-経営
-

執筆者:

関連記事

葡萄酒の戦略

葡萄酒の戦略(2011-03-05)

昨日、アーサー・D・リトル・ジャパン株式会社 プリンシパル 前田 琢磨 氏の講演を聴きに行きました。 テーマ:「葡萄酒の戦略」~経営コンサルタントが語る戦略の真髄~ 先日も、「戦略って何?」というテー …

バランストスコアカード

シナリオを作れるか(スコアカードの運用)

バランストスコアカードを作成して運用しているお店がありますが、その取り組みから学んだ事。 業績を上げるには、「シナリオを作って、伝え、実行するさせる」力が必要。 スコアカードでは8つの領域、20個のマ …

アンゾフの事業マトリクス

売上拡大と事業展開

「いかにして企業を成長させるか」 という問いに対して、アンゾフの製品/市場マトリクスがフレームワークを提示している。 ①市場浸透戦略 市場も製品(商品・サービス)も既存のもので成長を図ろうとする戦略 …

中長期と短期

中長期と短期

2010年もあと1ヶ月半。 ここへきて数字的にもあまり楽ではありません。 その中で、中長期的な戦略を踏まえた投資と短期的な目先の業績、両方を取って行かなければいけません。 中長期的な視点で考えると、生 …

100円ショップの文房具

消費の二極化(2010-10-19)

最近は街を歩いていると、ユニクロやH&M、ZARAなどの低価格衣料品のお店に非常に勢いがあるのを感じます。 100ショップも生活の中に無くてはならない存在になりました。 しかも低価格衣料や100円ショ …

人気記事ランキング(PV/日)