キャバクラ

ぼったくり回避!ネットで安心なキャバクラを探す5つの着目ポイント

投稿日:2014年12月18日 更新日:

調査などの仕事で行くときはあまり楽しめませんが、プライベートで友人とキャバクラに行くのは結構好きです。

時間とお金を無駄にしたくないのと、この商売をしている僕が店選びに失敗をしたら立場が無いので(笑)、行ったことの無いキャバクラに行く時にはできるだけネットで下調べをしておきます。

TOMがネットの情報から良いお店を探すための着目しているポイントを5つ紹介します。

キャバクラの探し方

探し方

検索

まずはGoogle先生に「地域or駅名 キャバクラ」でお尋ねします。

さすがにキャバクラの質までは正確に教えてくれませんが、早く絞り込むために1ページ目に表示されるお店で目星を付けておきます。

吉祥寺キャバクラの検索結果

ポータルサイト

キャバクラ専門のポータルサイトも便利です。特に最近はキャバキャバが写真も多くて見てるだけでも楽しめます。

キャバクラのポータルサイト キャバキャバ

キャバクラ求人・情報なら『キャバキャバ』

ここで遊びたいエリアを選んでお店を比較検討します。フォーマットが同じなので料金や店舗のスペックが比較しやすいです。 

着目ポイント

独自webサイト

ポータルサイトだけでなく、独自のwebサイトがあるか、そしてしっかりと作ってあるか見ます。

ぼったくりなどをするお店は長く続かないので、あまりお金をかけてwebサイトを作ったりはしません。

独自webサイトがあるお店はポータルサイトのページにリンクを貼っています。

系列店の有無

あると必ず良いというわけではありませんが、系列店があるお店は比較的まともなお店が多いです。

営業年数

長く続いているお店はそれなりの理由があります。webサイトに「今年で○○周年!」とか書いてあると少し安心できます。

ブログ

ポータルサイトの宣材写真だと修正でかなりかわいくできてしまうので、お店の女の子の様子を写真でアップしているお店は安心できます。

良いお店は文章からも安心感や楽しそうな感じが伝わってきます。

価格帯

価格と美女率はかなりの確率で比例するので、近隣のお店いくつかと比べて料金システムが安いお店は避けます。

料金システムは地域の相場くらいで、新規特典などで安くなっているお店が狙い目です。

 

いかがでしたでしょうか。風俗の探し方はまた違うものになると思いますが、ちょっとセクシーなキャバクラ(セクキャバ)の探し方には適用できます。

あわせて読みたい

キャバクラを安くで最大限楽しむコツ

キャバ嬢の時給よりも安くキャバクラで飲める5つのわけ

-キャバクラ
-, ,

執筆者:

関連記事

キャバ嬢活かせる能力

昼職紹介制度②(キャバ嬢の活かせる5つの能力)

先日、ブログを通してお問い合わせ頂いた女性に就職活動のお話を聞かせて頂きました。 お問い合わせの文章も丁寧で、きっとキャストさんとしても活躍されていたんだろうなと思える素敵な方でしたが、 「夜しかやっ …

1人でキャバクラ

1人でキャバクラって実はどう思われてる?中の人が本音を教えます

たまに「1人でキャバクラ行くとか絶対ムリ!」という声を聞くことがあります。 Contents1 理由を聞くと2 1人で来てる人ってどんな人?3 1人で行くメリット4 1人での楽しみ方 理由を聞くと ・ …

キャバクラ 体験入店 チェックポイント

キャバクラで体験入店する時にチェックすべき11のポイント

「キャバクラの求人の募集は体験入店時給がほとんど嘘。4000円って書いてあったら3000円~3500円くらい、3000円って書いてあった ら2500円くらい。だからそれよりも下がると思って時給が高いと …

キャバ嬢の就職活動

昼職紹介制度①(キャバクラからの出口)

キャバクラで働く女の子で、 「このままずっと働き続けられないし・・・」 「どこかで区切りつけないと・・・」 「夜上がりたくなった時、働くところあるかな・・・」 という不安を抱えている方は結構多くいます …

高卒就職でキャバクラ

高卒者の就職先としてキャバクラの黒服を推したい3つの理由

昨日は月に1度のラグジュアリーフロア全体ミーティングに、高校2年生の内定者が見学に来てくれました。 知人の息子さんで、中学生のころから「高校を卒業したらラグジュアリーフロアで働きたい」と言ってくれてい …

人気記事ランキング(PV/日)