身を滅ぼす?キャバ嬢が裏引き(うらっぴき)をしてはいけない5つの理由

公開日: : 最終更新日:2018/02/15 キャバクラ , ,

裏引き(うらっぴき)とは

キャバ嬢やホストなどがお店を通さずにお客様からお金を貰ったり、高額な物を買ってもらったりすることです。

キャバ嬢をやっていると、たまにお客様から「お店での時給分払うから外で会おうよ」と言われることがあります。

直接金銭のやり取りをするので、キャバ嬢は貰ったお金が全部自分のモノになり、男性側は払うお金がお店に行くより少なくなるのですが、基本的にはどこのキャバクラでも裏引きは禁止されています。

ラグジュアリーフロアでも当然禁止ですが、よそのお店に勤めているキャバ嬢さんもやらない方が良いと思います。

裏引きをしてはいけない理由

お店との信頼関係が壊れる

お店はリピーターになってもらうためにお金と労力をかけて集客しているので、そのお客様から私的にお金を貰うのはルール違反です。

裏引きが悪質な場合は解雇される場合もあります。

噂が広がる

夜の世界は狭いです。

裏引きをやっていてトラブルになったりクビになっりした子の情報は、その地域のお店や黒服にも伝わっている場合があります。

そこから心を入れ替えてまじめに働こうと思っても、取り返しがつかないこともあります。

トラブルに発展しやすい

お店で接客したりお酒を提供したりという、お金の対価として提供しているサービスが無いので、当然相手男性の要求は高くなります。

身体の関係を求められることが多くなると思いますが、その要求が通らなければ怒ってしまってトラブルに発展することもあります。

そして悪用されると困るので詳しく書きませんが、トラブルになった時にはお金と法律の面で非常に大きなリスクが存在します。

正直これが裏引きをやらない方がいい一番の理由です。

クセになる

トラブルになるまでは裏引きはかなり楽してお金を手に入れる方法なので、一度やってみて成功してしまうとクセになってしまいます。

自分が「この人は大丈夫」と思っていても、それが大丈夫じゃなくなるのが男女の感情のもつれです。

誰も助けてくれない

お店でサービスを提供していてトラブルになった場合は責任を持って対処しますが、お店の外で個人的に裏引きをしていて金銭トラブルになってもお店は対処できないし責任も取れません。

当人同士で話し合って解決してもらうしかありませんが、ややこしい相手だった場合は自分で警察に相談して対応してもらうしかありません。

しかしながら警察はまだ起きていないストーカー事件などについてはなかなか動いてくれないことが多いです。

現役キャバ嬢の意見

Twitterで毒を吐きまくっているキャバ嬢の掃き溜めさんも、裏引きには否定的。 

と言うか、プロなら当たり前の感情だと思います。

 

いかがでしたでしょうか。

その場で楽をして得られるお金よりも、後々起こりうる事態を考えると裏引きはとてもリスクの高いやり方です。

それにお昼の仕事をしていて、「お宅の製品は買わないけど、その製品を売って貰えるインセンティブ分のお金をあげるよ」と言われたら絶対に断りますよね。

それどころか会社にバレたら双方が何らかの処分を受けるはずです。

ただでお金を貰うのではなく、接客でお客様を楽しませて、堂々とお金を稼ぎましょう。

ラグジュアリーフロアのキャストさん採用情報

もし私たちの仕事に少しでもご興味を持っていただけた方は、ぜひ以下のリンクから採用情報をご覧ください。

オフィシャルサイトのキャストさん採用情報

更新情報をFacebookページでお知らせ


関連記事

石原さとみ キャバ嬢役 ディアシスター

これはNo.1!石原さとみのキャバ嬢役写真を大量に集めてみた。

これは完全に僕の趣味です。 ディアシスターでキャバ嬢役を演じた石原さとみさんが可愛すぎてヤバいので

記事を読む

キャバクラの客引きはぼったくり

ぼったくり注意!人はなぜ客引きについて行ってしまうのか?

歌舞伎町でのぼったくり被害のニュースが絶えません。 客引きについて行かなければぼったくりに遭う確率

記事を読む

キャバクラを辞める時

キャバクラでお店を辞める前に考えるべき3つの事

キャバ嬢の仕事はなかなか一生続けられるものではないですし、一つのお店でキャバ嬢としてのキャリアを全う

記事を読む

1人でキャバクラ

中の人が教える、1人でキャバクラって実はどう思われてる?

たまに「1人でキャバクラ行くとか絶対ムリ!」という声を聞くことがあります。 理由を聞くと ・

記事を読む

キャバ嬢転職

キャバ嬢の昼職転職事例①(不動産)

今日、私が大学生だった頃に同じお店で働いていたキャストさんが勤める不動産屋さんに行って来ました。

記事を読む

高卒就職でキャバクラ

高卒者の就職先としてキャバクラの黒服を推したい3つの理由

昨日は月に1度のラグジュアリーフロア全体ミーティングに、高校2年生の内定者が見学に来てくれました。

記事を読む

ナンバーワンキャバ嬢

未経験で超フツーの女の子が3ヵ月でNo.1キャバ嬢になるまで

歌舞伎町や銀座・六本木だとあまり無いのですが、ローカルエリアのキャバクラだと未経験で入店した超フツー

記事を読む

キャバクラ 楽しさ

新発見?子供が産まれて気付いたキャバクラの楽しさ

先日このツイートがそこそこ多くのリツイートやお気に入りを集めました。 https://twitte

記事を読む

キャバクラ 黒服マネージャー

女性を見ると…、キャバクラの黒服職業病あるある

久しぶりのブログ更新。 業界別に見る「職業病だな」と思うこと(マイナビニュース)を読んで、キャバク

記事を読む

就職活動

就活でキャバクラの黒服バイト経験をどう話すか

もう8年ほど前になりますが、私も大学生だったので就職活動をしました。 就職活動のエントリーシートや

記事を読む

  • キャバクラについて何か知りたい事があれば、キーワード検索をしてみてください。
  • ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

    ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

  • ソーシャルメディアマーケティングのプロ50社
PAGE TOP ↑