キャバクラ

なんでだろう?キャバクラが楽しくない5つの理由

投稿日:2015年3月17日 更新日:

この商売をしていると「キャバクラ嫌いなんだよね」「キャバクラなんて何が楽しいの?」と言われることがあります。

僕はお客様を見ていても自分が遊びに行っても、キャバクラめちゃくちゃ楽しいと思っているので、少し悲しい気持ちになります。

でもその気持ちが分からないわけではありません。僕も大学生の時に人生で初めてキャバクラ行ったときは全然楽しくなくて「二度と行かない」と思いました。

そこでキャバクラが楽しくないと思ってしまう大きな5つの理由を紹介してみます。逆に言えばこの5つに注意すればキャバクラを楽しめること間違いなしです!

楽しくない5つの理由

気を遣いすぎる

優しい男性に多いのですが、女の子にどう思われるかを気にし過ぎて楽しめないというのはもったいないことです。

暴言吐いたり触ったりせずに普通に飲んでいれば、悪い風に思われることはほぼ無いので、必要以上に気を遣うことなく自分が話したいことを話してください。

最近ツイッターなどで「キャバ嬢の本音」みたいなアカウントがお客様の悪口を言っているのをよく見かけますが、これもあまり気にする必要はないと思います。

店選びを間違っている

これはかなり大きな要素です。

私も先日調査で行ったキャバクラで、女の子が4人しか出勤していないお店で、2人で行ってるのに時間前に女の子1人(しかも体験入店の子)しか着けずに延長確認に来たお店がありました。

「女の子が少ない」「指名係(付け回し)が適当」こんな店では絶対に楽しめません。

シラフで行く

お酒の力は絶大です。

シラフだと緊張してしまうかわいい女の子との会話も、多少酔った状態でなら弾みますし、さほどかわいくない女の子でもかわいく見えてしまいます(笑)

お店に行く前に一杯ひっかけてから行きましょう。

目的の設定が間違っている

口説くというプロセスを楽しむのもキャバクラのサービスの一つではありますが、それを通り越してセックスをするということを目的に設定してしまうとほとんど成功しないので楽しくないです。

楽しく飲むというところを目的に置きながら「念のため一応口説いてみる」くらいのスタンスだと結果はどうであれ楽しめます。

極度に受け身

よくあるのが「さぁ楽しませてみなさいよ」的な受け身アプローチですが、これだと女の子が委縮してしまって結果的に楽しめなくなってしまいます。

昼間の仕事でも初めて営業訪問したお客様先で、お手並み拝見的な態度で「さあどうぞ!なんかあるんでしょ?」的に面談を始められるとけっこうやりにくいですよね。

それと同じで会話が盛り上がるきっかけを一緒に探すという感覚の方が結果的に楽しめます。

 

いかがでしたでしょうか。

嫌いなところに無理して行く必要はありませんが、積極的に楽しもうという気持ちでお店選びを間違えなければ生活の中に「楽しい」時間が一つ増えます。

食わず嫌いをしている方はぜひ一度試してみて欲しいです^^

-キャバクラ
-,

執筆者:

関連記事

キャバクラPOSシステム

1時間の作業が5分に!キャバクラのPOSシステム導入による業務改善例

多くの飲食店が導入しているPOSシステム、キャバクラにもあります。 ただし食べ物を出すような飲食店と違って、料金体系や労働実績の集計がお店によって大きく異なっているので、導入には個別にカスタマイズが必 …

キャバ嬢 顧客ノート

キャバ嬢マニュアル|超カンタンで効率的な顧客管理ノートのつけ方

売れっ子キャバ嬢は顧客管理が上手です。 年末は週末は特にフリーのお客様に着くことが多くなりますが、頭の中だけで抜け漏れなく顧客管理をするのは非常に難しいです。 しかし、顧客ノートをつけてしっかりと覚え …

キャバクラ偏見無くす

偏見を一つずつ無くしていく(知人女性の体験入店から)

先週、とある場で知り合いになった女性が私どものお店に体験入店に来てくれました。 大学を卒業されて普通に就職し、キャバクラで働いた事は一度も無かったそうです。 もちろん今もお昼の仕事(昼職)でご活躍され …

歌舞伎町 キャバクラ

歌舞伎町キャバ嬢がローカルキャバクラに移る6つの理由

ラグジュアリーフロアのお店は2015年8月現在で中野、吉祥寺、三鷹、水道橋、門前仲町といった、繁華街としてはあまり大きくないローカル的な立地にあります。 そんな立地でも歌舞伎町や六本木でバリバリやって …

キャバクラ 楽しさ

新発見?子供が産まれて気付いたキャバクラの楽しさ

先日このツイートがそこそこ多くのリツイートやお気に入りを集めました。 子供がかわいいけど立場とかキャラとかで職場ではあまり親バカぶりを発揮できないお父さんも多いでしょう。写真とか動画を延々と見せるのも …

人気記事ランキング(PV/日)