キャバクラ

増えるプチぼったくり被害に遭わないようにするには。

投稿日:2014年7月1日 更新日:

ここ2~3年で「プチぼったくり」の被害をよく耳にするようになりました。

昔のぼったくりバーやぼったくりキャバクラのように何十万も請求されて、支払を断ると怖いお兄さんが出てくるというのではなく、最初に言っていた金額よりもちょっと高い金額を請求されるというきわどい手口です。

バーやキャバクラだけでなく居酒屋などでも行われていて社会問題化しており、被害にあったレシートがネットでも公開されています。

プチぼったくり レシート

居酒屋での手口を紹介している動画

 キャバクラでの手口

基本的な手口は居酒屋と変わりませんが、元々の料金が高いのでぼったくり金額も高くなります。

客引きが「5000円ぽっきりです」と言って案内したのに、1セット終わって会計をすると一人15000円~30000円くらいになっていて、会計の明細を要求すると1杯3000円~5000円もするドリンクが付いていたり、薄暗い店内に見えないような字で「サービス料30%」とか書いてあったりします。ひどい場合は頼んでもいないドリンクや指名が付いている場合もあります。

文句を言っても「警察を呼んで頂いても構いません」と強気です。メニューや店内金額を表示しておけば、金額の説明を受けたか受けていないか、注文をしたかしていないかを立証するのは極めて困難なのです。

案内所を通して行ったら必ずしも安全かと言うとそうでもありません。

最初に案内されたキャバクラが楽しくなかった上に男性スタッフによるドリンク交渉がしつこいので帰ろうとすると、そのキャバクラの従業員に「知り合いのお店紹介するんで見ていってください!こっちは自信あります!」と言われてしぶしぶ応じると、明らかに危なそうな雰囲気のお店に連れて行かれました。

有名人もぼったくりの被害に…(神対処!)

水野敬也『歌舞伎町でボッタクリにあいました』

「夢をかなえるゾウ」という大ヒット自己啓発書の著者がぼったくりにあったそうです。こちらはプチではなく本格的なぼったくりですが、手口や対処が詳しく書かれているだけでなく、記事の内容もとても面白いです。

被害に遭わないようにするには

客引きについていかない

これが一番現実的で実践しやすく、なおかつ効果が絶大な対策です。居酒屋でもキャバクラでもプチぼったくり被害のほとんどが客引きに付いていったパターンです。そして客引きをしているお店はサービスの中身で勝負する気が無いお店なので、良いお店に当たることは稀です。

店内でオーダーを頼まない

ドリンクの金額がいくら高くても、頼まなければ関係ありません。ただし、上記で紹介したように、頼んでもいないドリンクを付けられるパターンもあるので 注意が必要です。

繁華街で飲まない

これはなかなか難しいですが、繁華街ではないローカルキャバクラの方が比較的ぼったくりは少ないです。繁華街は街に人があふれていて一見さんがたくさん 来店しますが、ローカルのお店は地域の常連さんでもっているので、変なことをしているとすぐに噂が広がってしまいます。

直接の口コミを重視する

グルメサイトに載っているようなお店でもプチぼったくりがあると聞きました。

やはり一番確実なのは知人の口コミです。

私はお店を探す時に、コンサル先のママさんに良いお店を教えてもらっています。水商売のママさんはかなりのグルメ情報通です。

あわせて読みたい

5000円のはずが23万円?ガールズバーでのぼったくり事例

キャバキャバで安心なキャバクラを探すための5つの着目ポイント

こんなキャバクラには行ってはいけない。(NAVERまとめ)

-キャバクラ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ぼったくりバー

5000円のはずが23万円?ガールズバーでのぼったくり事例

司法書士事務所で働いている元社員がぼったくり被害の相談を受けたという話を聞きました。 先日増えるプチぼったくり被害に遭わないようにするには。という記事を書きましたが、今回の事件は何十万という請求に加え …

キャバクラでクリティカルシンキング

キャバクラの黒服にもクリティカルシンキングが必要なわけ。

学歴不問が常識の業界ではありますが、商売なので成果を出していくには脳みそも結構使います。 特に人を動かすことが重要なので、コミュニケーション能力は非常に大事です。 今回書くのは、コミュニケーション能力 …

キャバクラ系ツイッターアカウント

キャバクラ関係者がフォローすべきナイト系ツイッターアカウント10選

最近は情報収集ツールとしてはニュースアプリやまとめアプリを使うことが多いですが、ツイッターもまだまだ捨てたものではありません。 そこでナイトレジャー業界の関係者にとって面白くて意味のあるツイートをして …

キャバ嬢ヘルプメリット

新人キャバ嬢さんにとってヘルプ席が超大事な理由と注意点

キャバ嬢として働き始めると皆が必ず経験するヘルプ席。 ヘルプ席とは、指名のお客様が被っているキャストさんが片方の席を離れている間、つなぎとして接客する席のことです。 他に指名の子がいるお客様なので自分 …

高卒就職でキャバクラ

高卒者の就職先としてキャバクラの黒服を推したい3つの理由

昨日は月に1度のラグジュアリーフロア全体ミーティングに、高校2年生の内定者が見学に来てくれました。 知人の息子さんで、中学生のころから「高校を卒業したらラグジュアリーフロアで働きたい」と言ってくれてい …

人気記事ランキング(PV/日)