キャバクラ

求人の効果検証(2012-03-26)

投稿日:2014年2月13日 更新日:

他社さんのコンサルも少しだけやっていますが、求人媒体や原稿の効果を数字で検証しているお店さんにはほとんどお目にかかりません。

少しめんどくさいですが、ちゃんとやった方が良いと思います。

できれば「閲覧」→「応募」→「面接」→「採用」→「本入店」の数と率まで追えれば良いですが、閲覧と応募件数だけなら媒体社や代理店の方から貰っている数字だけで事足ります。

その際、他の媒体や前の原稿と比べて良し悪しを検証するのはもちろんですが、エリアや同じ条件のお店の平均値と比べるのも大切です。
求人の反響は、職探しのサイクルや企業の求人募集の状況にかなり影響を受けるので、時期(タイミング)によって同じ原稿でも反響が全然違います。
なので、原稿を変えたりしていると、「その原稿のどこが良かったのか」が判断しにくくなります。
ちなみに、現在お手伝いしているお店の今月反響をそれぞれのエリアで平均値と比較してみると・・・、
※カッコ内は平均値に対する増減率

≪エリア①≫

応募単価約5300円
アクセス:146.8件 応募:10.6件

・ミニクラブA店
アクセス:347件(236%) 応募:18件(169%)

≪エリア②≫

応募単価約5300円
アクセス:149.1件 応募:10.4件

・キャバクラB店
アクセス:194件(130%) 応募:18件(173%)

・クラブC店
アクセス:196件(131%) 応募:13件(125%)

≪エリア③≫

応募単価4600円
アクセス:131.7件 応募:6.8件

・キャバクラD店
アクセス:169件(128%) 応募:13件(191%)

・キャバクラE店
アクセス:171件(129%) 応募:13件(191%)

 

幸いどのお店も平均値を上回っていますが、この数字を見て満足していてもダメなわけで、「この数字をどう解釈するか?」が次の原稿作成に活きてくるのです。

また、応募単価との関係から、原稿作成料はいくらぐらいが適正なのかも判断できますね。
※媒体にもよりますが、1度原稿をつくったら3~4ヶ月くらいは維持できます。

-キャバクラ
-,

執筆者:

関連記事

キャバクラを楽しんでいる

コスパ最強!キャバクラを安くで最大限楽しむコツ

安く飲むだけなら5000円ぽっきりとかで入って、指名もドリンクオーダーもしなければOKです。 しかしせっかくキャバクラに行くなら最大限楽しんだ方がいいですよね!というわけで、お店が何を安くできて、何を …

Twitter

ツイッターで最初に「キャバクラ」と呟いた人を検索してみた。

ツイッターで過去につぶやかれたすべてのツイートが検索できるようになったらしいので、さっそく検索してみました。 これのパクリで、あまり深い意味のある記事ではありません(笑) 最初に「なう」とつぶやいた人 …

キャバクラ 楽しい? 本音の感想

キャバクラって楽しい?お客さんに本音の感想を聞いてみた。

結構前ですが、実際にお店で遊んでもらった友人に本音の感想を詳しく聞いてみたことがあります。 キャバクラの楽しみ方を知りたい男性だけでなく、接客力を上げたいキャバ嬢さんにとっても結構役に立つ内容です。 …

キャバ嬢の不安を解消する株式投資

将来が不安なキャバ嬢に株式投資を勧めたい5つの理由

最近趣味程度に株式投資を始めたのですが、やってみるとこれはキャバ嬢に勧めることで将来の不安を解消する手段の一つになるのではないかと思い始めました。 キャバ嬢に株式投資を勧めるワケ ずっと稼ぎ続けられな …

キャバクラを辞める時

キャバクラでお店を辞める前に考えるべき3つの事

キャバ嬢の仕事はなかなか一生続けられるものではないですし、一つのお店でキャバ嬢としてのキャリアを全うする人も少ないと思います。 なのでいつかはお店を辞める日が来るのですが、その時に考えておきたいことを …

人気記事ランキング(PV/日)