キャバクラ

求人の効果検証(2012-03-26)

投稿日:2014年2月13日 更新日:

他社さんのコンサルも少しだけやっていますが、求人媒体や原稿の効果を数字で検証しているお店さんにはほとんどお目にかかりません。

少しめんどくさいですが、ちゃんとやった方が良いと思います。

できれば「閲覧」→「応募」→「面接」→「採用」→「本入店」の数と率まで追えれば良いですが、閲覧と応募件数だけなら媒体社や代理店の方から貰っている数字だけで事足ります。

その際、他の媒体や前の原稿と比べて良し悪しを検証するのはもちろんですが、エリアや同じ条件のお店の平均値と比べるのも大切です。
求人の反響は、職探しのサイクルや企業の求人募集の状況にかなり影響を受けるので、時期(タイミング)によって同じ原稿でも反響が全然違います。
なので、原稿を変えたりしていると、「その原稿のどこが良かったのか」が判断しにくくなります。
ちなみに、現在お手伝いしているお店の今月反響をそれぞれのエリアで平均値と比較してみると・・・、
※カッコ内は平均値に対する増減率

≪エリア①≫

応募単価約5300円
アクセス:146.8件 応募:10.6件

・ミニクラブA店
アクセス:347件(236%) 応募:18件(169%)

≪エリア②≫

応募単価約5300円
アクセス:149.1件 応募:10.4件

・キャバクラB店
アクセス:194件(130%) 応募:18件(173%)

・クラブC店
アクセス:196件(131%) 応募:13件(125%)

≪エリア③≫

応募単価4600円
アクセス:131.7件 応募:6.8件

・キャバクラD店
アクセス:169件(128%) 応募:13件(191%)

・キャバクラE店
アクセス:171件(129%) 応募:13件(191%)

 

幸いどのお店も平均値を上回っていますが、この数字を見て満足していてもダメなわけで、「この数字をどう解釈するか?」が次の原稿作成に活きてくるのです。

また、応募単価との関係から、原稿作成料はいくらぐらいが適正なのかも判断できますね。
※媒体にもよりますが、1度原稿をつくったら3~4ヶ月くらいは維持できます。

-キャバクラ
-,

執筆者:

関連記事

キャバクラ ホールスタッフ

黒服マニュアル|キャバクラの「できる」ホールスタッフが心がけていること

キャバクラで働く黒服の仕事内容とはで紹介したキャバクラのオペレーションをそれぞれ少し詳しく書いていきたいと思います。 今回のテーマはホールです。 入店されたお客様を席まで案内し、店内でドリンクやフード …

キャバクラでの接待

5分で分かる、接待でキャバクラを使う3つのメリットとうまくいくコツ

業績が悪くなると真っ先にコスト削減の対象となる接待交際費ですが、キャバクラを接待で使う分にはそれなりに効果があると思います。 出典:http://www.chick.co.jp/ 私も取引先の方で「こ …

キャバ嬢の給料使い道

月収100万円のキャバ嬢は給料を何に使っているのか

ラグジュアリーフロアでも月給100万円稼ぐキャバ嬢さんが何人もいますが、歌舞伎町の有名店などでは月給500万以上のキャバ嬢さんがゴロゴロいます。 そんなに稼いで彼女たちはいったいに何にお金を遣っている …

高卒就職でキャバクラ

高卒者の就職先としてキャバクラの黒服を推したい3つの理由

昨日は月に1度のラグジュアリーフロア全体ミーティングに、高校2年生の内定者が見学に来てくれました。 知人の息子さんで、中学生のころから「高校を卒業したらラグジュアリーフロアで働きたい」と言ってくれてい …

キャバクラ ドリンク交渉

キャバ嬢マニュアル|ドリンク交渉のタイミングと注意点

キャバクラで働いていると、お客様にドリンクを頂く場面が多くあると思います。 あまりガツガツねだるのは良くないですが、お客様にとっても女の子が一緒に酔っ払ってくれるのは楽しいものです。 そこで、ドリンク …

人気記事ランキング(PV/日)