キャバクラ

大学生キャバ嬢が経験できる事≪圧倒的な会話量≫

投稿日:2014年2月13日 更新日:

大学生のうちに鍛えるべき能力の続きです。

キャバ嬢をやっていると、どんな経験が出来て、何の役に立つか。

まず特筆すべきは、≪圧倒的な会話量≫です。
一日6時間働いたとすると、ご指名のお客様の人数にもよりますが、だいたい10~13人くらいのお客様を接客します。
これを週5日出勤で1年間続けると・・・、

3120人!!

これはすごい人数です。
1年間で延べ3000人以上の人と会話をする仕事はそうそうあるものではありません。
(私は営業時代に、1日平均4面談くらいでしたが、これだと年間延べ1000人にもなりません)
会話の質はどうなんだと言われれば、玉石混淆かと思いますが、営業の世界でよく言われる、

【量から質が生まれる】

という側面はあると思います。
また、お店のグレードを上げて、銀座や六本木などでキャバ嬢をやっていると、お客様の会話も相当にハイレベルです。
毎日新聞を5誌、本を1ヶ月に20冊読むことを課しているお店があるほどです。

圧倒的な会話量から生み出される経験値や知識、スキルは・・・、

①経験値やスキル

これはキャバ嬢の活かせる能力でも書きましたが、以下のような能力が身につくと思います。
能力① 【聴く力】
能力② 【共感する力】
能力③ 【物怖じしない力】
能力④ 【目配りと気配り】
能力⑤ 【一歩踏み込む力】

②情報量

玉石混淆とは言え、年間3000人以上と会話をすると、それなりに色んな情報が入ってきます。
もちろん、グレードが高い高級店に行けば行くほど、就活に役立ちそうな情報は手に入ると思いますが、そうでないローカルの大衆店でもそれはそれで面白い情報が入ってきます。世の中の価値観が多様化している、経済的な格差が広がっている中では、幅広い層の情報(考えている事や困っている事、趣味指向など)を知っておく事はとても有用だと思います。
今回は、会話量に焦点を当てましたが、次は何に焦点を当てようかな。

-キャバクラ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

銀座でバイトが原因で局アナ内定を取り消された笹崎里菜さん

ホステス経験が原因で日テレ内定を取り消された笹崎里菜さん

11月10日に週刊現代がスクープして話題になった日テレの内定取消問題について、業界の中の人間として思う事を書きます。 ミス東洋英和が日テレの「女子アナ内定」を取り消された理由 独占スクープ「まさか、そ …

キャバクラ 団体客

中の人が教える、「キャバクラは団体で行けば安くなる」の勘違い。

飲食店にとって団体のお客様というのはありがたいもので、バーなんかだと団体で貸切とかしてくれると、多少安くてもそこそこ利益が取れます。 ただ、これがキャバクラとなるとそうもいきません。 TOMもお店でフ …

キャバクラが楽しくない

なんでだろう?キャバクラが楽しくない5つの理由

この商売をしていると「キャバクラ嫌いなんだよね」「キャバクラなんて何が楽しいの?」と言われることがあります。 僕はお客様を見ていても自分が遊びに行っても、キャバクラめちゃくちゃ楽しいと思っているので、 …

キャバ嬢給料明細のヒミツ

キャバクラ嬢の給料システム基本パターン4つ

華やかな夜の世界で働くキャバクラ嬢の給料システムはどうなっているのでしょうか。 金額などは地域によってかなり差がありますが基本的な構成要素はほとんど同じです。 システムは大まかに「時給スライド式」「売 …

キャバ嬢 顧客ノート

キャバ嬢マニュアル|超カンタンで効率的な顧客管理ノートのつけ方

売れっ子キャバ嬢は顧客管理が上手です。 年末は週末は特にフリーのお客様に着くことが多くなりますが、頭の中だけで抜け漏れなく顧客管理をするのは非常に難しいです。 しかし、顧客ノートをつけてしっかりと覚え …

人気記事ランキング(PV/日)