キャバクラ

歌舞伎町キャバ嬢がローカルキャバクラに移る6つの理由

投稿日:2015年8月11日 更新日:

ラグジュアリーフロアのお店は2015年8月現在で中野、吉祥寺、三鷹、水道橋、門前仲町といった、繁華街としてはあまり大きくないローカル的な立地にあります。

そんな立地でも歌舞伎町や六本木でバリバリやっていたようなキャバ嬢さんがたまに入店してくれます。

時給の面では歌舞伎町で名前が通っているお店に比べると低くなりますが、それでも入店してくれるのには理由があるようです。

歌舞伎町 キャバクラ

ノルマが厳しい

歌舞伎町はプロのキャバ嬢が集まっているので、成績に対するノルマも厳しいお店が多いです。

同伴できなければ2万円罰金とかザラにあり、成績によってはローカルより稼げないこともあります。

一方ローカルだと時給はそれほど出ませんが、ノルマがさほど厳しくないお店が多くて安定した収入を得られます。

というかノルマに対する罰金は違法なのですが…。

人間関係がきつい

本気モードのプロキャバ嬢が多いということは、当然ライバル意識も強く、女の子同士で仲良しこよしという雰囲気ばかりではありません。

ジェントルマンズクラブに在籍していた有名キャバ嬢社長の愛沢えみりさんも、その著書【書評】キャバ嬢社長 歌舞伎町No,1嬢王 愛沢えみりとしての生き方の中で、

「あの女の分まで売上を上げるから、売上教えて。それでその子を辞めさせて、今すぐ!」

とまで言ったこともあると振り返っていました。

本気モードの人間関係それ自体はすごく良いものだと思いますが、どうしても合わなかったり温度差があったりする人もいます。

自分の性格に合ったお店を見つけたいとのことでローカルに移ることもあります。

プレッシャーがハンパない

キャバ嬢の仕事は「お客様を呼ぶこと」なので、当然どこのキャバクラでも多少のプレッシャーは感じるはずですが、やはり日本一の歓楽街歌舞伎町はそのレベルが頭一つ抜きん出ています。

それもお店からのプレッシャーだけでなく、周りにすごいキャバ嬢が多いので、勝手にプレッシャーを感じて押しつぶされてしまう子もいるようです。

客層が怖い

とある歌舞伎町の有名店の黒服さんがツイッターで

「歌舞伎の高級店は一般のお客さんは高いから入れないというか、俗にいう半グレとヤクザで成り立ってるからやんちゃしたら拐われちゃうからね^^」

とつぶやいていて戦慄しました。

そういう方々がすぐにトラブルを起こすというわけではないと思いますが、やはり神経はすり減ります。

スカウトさんによるこんなツイートも。

確かに歌舞伎町の有名なお店は指名でドリンク1杯だしたら1セット2万くらいは超えますから、普通の人が気軽に通える金額ではないですよね。

そろそろ年齢が

20代後半にさしかかると歌舞伎町は少ししんどくなってくるそうです。

客層上、お客様からも「若くて綺麗な女」を求められますので、そのノリに応え続ける必要があります。

一方ローカルのお店は地域に住んでいるおじさまが多いので、逆に20代後半で落ち着いて話せるキャバ嬢が喜ばれます。

就職をきっかけに

就職したのを機会にローカルに移ってくるというキャバ嬢さんもいます。

歌舞伎町は夜一本の街です。

特に名前の通ったお店となると同伴やアフターが当たり前のお客様も多く、昼職と掛け持ちでうまくやっていけるほど甘くはないようです。

ローカルのお店は昼職や学校などとのダブルワークキャバ嬢が非常に多く、シフトも週1日から入れるお店が多いです。

 

いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町は間違いなく日本一の歓楽街で、成績を出せば一番稼げる街だと思います。

でも誰もがその環境で頑張り続けられるわけではないですし、キャバクラで働く理由も人それぞれなので、その人に合ったお店が必ずあります。

-キャバクラ
-, , ,

執筆者:

関連記事

銀座でバイトが原因で局アナ内定を取り消された笹崎里菜さん

ホステス経験が原因で日テレ内定を取り消された笹崎里菜さん

11月10日に週刊現代がスクープして話題になった日テレの内定取消問題について、業界の中の人間として思う事を書きます。 ミス東洋英和が日テレの「女子アナ内定」を取り消された理由 独占スクープ「まさか、そ …

キャバクラ 料金システム

【決定版】今さら聞けないキャバクラの料金システム解説します

キャバクラで遊んだあと会計をしてみると、想像していたより高かったという経験がある方は多いのではないでしょうか。 中の人であるTOMでもプライベートで行ったキャバクラで会計伝票を見て「あれ?なんか高いな …

キャバクラ 楽しい? 本音の感想

キャバクラって楽しい?お客さんに本音の感想を聞いてみた。

結構前ですが、実際にお店で遊んでもらった友人に本音の感想を詳しく聞いてみたことがあります。 キャバクラの楽しみ方を知りたい男性だけでなく、接客力を上げたいキャバ嬢さんにとっても結構役に立つ内容です。 …

昼職紹介

昼職紹介制度④(受付や秘書への転職)

昔一緒に働いていたキャストさんが不動産屋さんに就職して頑張っているという記事を以前書きましたが、私がよく聞く夜のお仕事をしていた女性に多い求人案件は営業です。 賃貸不動産だけでなく、マンション販売をや …

飲み会ゲーム

キャバ嬢直伝、飲み会で絶対に盛り上がるゲーム5選+1

2人以上でキャバクラに行った時には、飲みゲームで盛り上がるという楽しみ方もあります。 ゲームに負けたら罰ゲームドリンクを一気飲み、皆が酔っ払ってきたらミスも出やすくなって面白くなりますね^^ そこでキ …

人気記事ランキング(PV/日)