高卒者の就職先としてキャバクラの黒服を推したい3つの理由

公開日: : 最終更新日:2018/02/15 キャバクラ , , ,

昨日は月に1度のラグジュアリーフロア全体ミーティングに、高校2年生の内定者が見学に来てくれました。

知人の息子さんで、中学生のころから「高校を卒業したらラグジュアリーフロアで働きたい」と言ってくれていた期待のルーキーです。

すごく純粋で素直な好感度の高い若者で、ホールやフロントでお客様にもかわいがってもらえる姿が想像できます。

今後も高校を卒業したての若者にもどんどん入ってきて欲しいので、キャバクラでお勧めできるポイントをまとめてみました。

高卒就職でキャバクラ

給料を学歴・経歴で差別されない

古くからある企業や大企業の多くは高卒と大卒のキャリアコースが分かれていて、いくら仕事を頑張ってもある一定ライン以上は出世できない、昇給できないということがあります。

初任給で大卒20.2万、高専・短大卒17.6万、高卒16.1万。

全ての学歴で一番平均月収が高くなる50~54歳だと、大卒53.1万 、高専・短大卒40.0万 、高卒35.0万の差がつきます。 

キャバクラの初任給

厚労省 平成26年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況によると、高卒男性の平均初任給は16万円程度です。

全国 16.1万

東京 16.7万

高卒求人倍率は6年ぶり1倍超えで1.28倍(2015年3月卒業)となったそうですが、とは言え皆が希望する企業に入社できるわけではありません。

一方、キャバクラ業界は初任給でほとんどが20万円以上で、25万円を超えるお店も少なくありません。

ラグジュアリーフロアは26万円スタートです。

キャバクラの昇給

これは男性高卒者の年代別平均月給推移です。(26年度厚労省発表)

20~24歳 19.4万

25~29歳 21.9万

30~34歳 24.8万

35~40歳 27.7万

なかなか世知辛い結果ですね…。

キャバクラ業界では昇給昇格が非常に早く、早い人は1年ほどで店舗の運営を任される責任者になります。

終身雇用で給料が上がり続けるわけじゃないのなら、早くから能力や成果に応じた給料を貰える方が良いと思います。

キャバクラの黒服 昇給イメージ

若くても中核メンバーとして稼ぐべき環境

終身雇用の終焉

昔ながらの終身雇用の時代は終わりを迎えています。

ソニーやパナソニックといった大手優良企業でも大規模リストラをする時代です。

終身雇用の安定が無いなら安い給料で我慢して働き続けるのは割りが合わないのではないでしょうか。

若いうちから責任のある立場で経験を積める会社の方が良いです。

技術革新で失う職

インターネットやコンピュータなど技術革新によって生産性の向上とともに多くの職が失われると言われています。

居酒屋などの飲食店を見てもPOSや自動注文システムなどの普及で、必要人員は昔に比べて大幅に減っています。

職業だけでなく、産業まで消えてしまうものもあります。

キャバクラも変化に対応していかなければなりませんが、コミュニケーション自体をサービスとして提供しているので、機械に取って代わられることは無いでしょう。

商売人として生きていくスキルが身に付く

キャバクラで店舗経営に必要なスキルを身に付けましょう。

ラグジュアリーフロアを卒業して居酒屋などを5店舗経営しているやり手経営者もいます。

今でも仲良くて、「あの時使ってた損益計算のフォーマットもらえませんか?」とか連絡が来るので、数字だけ消してあげたりもしています。

コミュニケーション能力

キャバクラはモノを売らずにコミュニケーションを売っている商売で、サービスの質がコミュニケーションによって上がったり下がったりします。

お客様に対してもキャストさんに対してもコミュニケーション能力が重要なのはもちろんのこと、その量が非常に多く、密度も濃いので良いトレーニングになります。

店舗運営能力

商品であるキャストさんを集め、宣伝して集客し、高いレベルのサービスで満足させ、リピートして常連になっていただく。

非常にシンプルですが商売の基本を実体験しながら学べます。

店舗経営能力

店舗のマネージャーや責任者になると利益まで責任を持つようになります。

何にどれだけお金を遣って、最終的にどれくらいの利益を出すのかが全部自分で見てコントロールするので、1店舗の経営者としての能力を養うことができます。

 

いかがでしたでしょうか。

高校を卒業してキャバクラで働くとなると、親御さんから反対される方も多いと思います。

しかし、親バレしてキャバクラでの仕事を反対されたら読む記事でも書きましたが、自分の人生に最後まで責任を持てるのは自分だけです。

 

ラグジュアリーフロアの黒服採用情報

ラグジュアリーフロアでは高卒ルーキーを超積極採用します!

もし私たちの仕事に少しでもご興味を持っていただけた方は、ぜひ以下のリンクから採用情報をご覧ください。

オフィシャルサイトの黒服採用情報

更新情報をFacebookページでお知らせ


関連記事

キャバクラの指名係(付け回し)

黒服マニュアル|業務の花形、指名係(付け回し)に求められる5つの能力

キャバクラの業務の中で最もやりがいがあって楽しい、その反面厳しくて大変な仕事はやはり『指名係』です。

記事を読む

朝キャバ昼キャバ

朝キャバとか昼キャバとか(2012-04-26)

最近、「昼キャバってどうなの?」と聞かれたので、ちょっと調べてみました。 ポータルサイトや求人サイト

記事を読む

キャバ嬢の給料使い道

月収100万円のキャバ嬢は給料を何に使っているのか

ラグジュアリーフロアでも月給100万円稼ぐキャバ嬢さんが何人もいますが、歌舞伎町の有名店などでは月給

記事を読む

キャバクラ 楽しい? 本音の感想

キャバクラって楽しい?お客さんに本音の感想を聞いてみた。

結構前ですが、実際にお店で遊んでもらった友人に本音の感想を詳しく聞いてみたことがあります。 キャバ

記事を読む

キャバクラ アフター

キャバ嬢の好感度が上がるアフターでの振る舞いチェックリスト

男のロマン、それはキャバクラの女の子をアフターに連れ出してムフフ…、なんてことはまぁほとんど無いわけ

記事を読む

キャバクラの口コミを集めてみた。

キャバクラを全力で楽しんでいる人たちの口コミをまとめてみた。

この仕事をしていると、「キャバクラって何が楽しいの?楽しいと思わない。」という声が結構気になります。

記事を読む

キャバクラ面接 店長のチェックポイント

キャバクラ嬢の面接で店長が見ている4つのポイント

女性応募者が体入ドットコムやFromA、スカウトなどを通してキャバクラの面接に行くと、だいたい店長に

記事を読む

マネージャー研修

マネージャー研修(360度フィードバック)

昨日はお店で担当キャストさんを持つマネージャーを対象に、2時間の研修会を実施しました。 今回のテー

記事を読む

キャバクラ、いちゃキャバ、セクキャバ(おっぱぶ)の違い

3分で分かるキャバクラ、いちゃキャバ、セクキャバ(おっぱぶ)の違い

キャバと名がつくお店でもサービス内容や料金システムが全然違うお店があります。 代表的なキャバクラ、

記事を読む

キャバクラ系ツイッターアカウント

キャバクラ関係者がフォローすべきナイト系ツイッターアカウント10選

最近は情報収集ツールとしてはニュースアプリやまとめアプリを使うことが多いですが、ツイッターもまだまだ

記事を読む

  • キャバクラについて何か知りたい事があれば、キーワード検索をしてみてください。
  • ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

    ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

  • ソーシャルメディアマーケティングのプロ50社
PAGE TOP ↑