キャバクラ

【体験談】キャバクラ最大手グループの怖くて優しい上司の話

投稿日:2015年7月3日 更新日:

キャバクラの偉いさんってなんとなく「怖い、いかつい」イメージがありませんか?

そんなことないですよ!

と言いたいところですが、僕が19歳の時に入店したキャバクラの上司はまさにそんなイメージを地で行くような人でした。

関連記事:普通の大学生だった僕がキャバクラで働き始めたきっかけ

10店舗統括の偉い人の話

入店したのはキャバクラ最大手のグループのローカルエリアにあるお店でしたが、そこに系列店10店舗くらいを統括している偉い人(M地区長)が常駐していました。

見た目はVシネマに出てきそうないかつい風貌で、この真ん中の人と左の人を足して2で割ったような感じです。

キャバクラ最大手オスカーの上司

 

朝礼で「それが大事」を熱唱

M地区長が統括するお店では毎日朝礼で大事マンブラザーズの「それが大事」を熱唱していました。

今で言うブラックバイトとか言われそうな臭いがプンプンしますが、当時の「暴れるお客さん、怖い上司、キツい女の子」という環境の中では、

「負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じぬくこと」

というフレーズで、毎日営業前に気持ちを奮い立たせる必要がありました。

ちなみに今でも「それが大事」のイントロが流れると気が引き締まって、「頑張らな!」という気持ちにさせられます(笑)

朝礼中に警棒を持って出現

僕が初めてM地区長に出会ったは入店して3日目、いつものように朝礼で「それが大事」を歌っている時でした。

突然警棒を持った大柄な人がお店に入ってきて、一人一人がちゃんと歌っているか聞いて回り、声が小さいと叩かれそうになります。

僕:(ええぇ…、うそーん…)

普通の大学生だった僕がキャバクラで働き始めたきっかけの中で僕が「無理っす、僕もう飛ぶっす」と先輩に言ったのはこの日です(笑)

営業中は微動だにしない

そんなM地区長、営業中は店全体が見渡せる位置に立って微動だにしません。

僕たちが順番に休憩を回している時も、ずっとお客さんと店内の様子を見続けていて、気付いた事を店長にこれまた強烈にフィードバックします。

営業終了後の松屋

営業中はとても厳しいのですが、営業終了後に残っているとほぼ毎回全員分ご飯を食べさせてくれます。

じゃんけんで負けた黒服がM地区長にお金を貰って皆の分を買いに行くのですが、M地区長はいつもデミ玉ハンバーグ定食を食べてらっしゃったのが懐かしく思い出されます(笑)

お金が無い大学生時代にはとてもありがたかったです。

ヘコんだ日のちんこメール

そんなある日、僕は2日連続で同じヤクザのお客さんに、1日目は指名の子がいないのに間違えていると言ってしまい、2日目はミネ(水)をかけてしまうという粗相をしてしまいました。

※当時はまだ暴対法も厳しくなくて普通に飲みに来ている人がいました。

当然のごとくお客さんにも女の子にも相当詰められ、「あぁ~、もう店行くん嫌やな~」と思い詰めながら帰っていると、M地区長からメールが届きました。

——————

From:M地区長

本文:ちんこ

——————

僕:(???)

どう返信しようか判断しかねていると電話がかかってきました。

M地区長:「おー、どないや?」

僕:「…、そうっすね、ちょっとヘコんでます…」

M地区長:「そうなん、やっぱお前ちんこやなー」

僕:「ち、ちんこっすか…?」

M地区長:「そうやんけ、あんなもん半分言いがかりやんけ。そんなもんいつまでも気にすんなや。そんな奴ちんこやろ?」

僕:「そうっすね、確かにちんこっす(笑)」

こういう人っているもので、その人と話していると悩んでいたことが全然大したことじゃないように思えてきます。

この日は正直このまま飛んでしまおうかと思っていたのですが、なんかそんなこと考えているのがアホらしくなって、翌日からまた普通に出勤していました。

このメールは同僚の間で「ちんこメール」と呼ばれていて、元気が無いときとか落ち込んでいるときを見透かしたように送られてきます。

ちんこメールが来るとなんとなく「まぁ色々あるけど頑張るかー」という気持ちになると評判でした。

 

就職して営業をしているときにも一度電話をかけて「ちんこ」と言ってもらいました(笑)

今はもう連絡を取ることはありませんが、今でも尊敬する上司TOP3(M地区長、名古屋営業時代の上司、うちの社長)です。

今の若い人たちに同じようなマネジメントが合うとは思いませんが、一緒に働く仲間の人たちに熱い思いを持って関わっていきたいなと思います。

ラグジュアリーフロアの黒服採用情報

もし私たちの仕事に少しでもご興味を持っていただけた方は、ぜひ以下のリンクから採用情報をご覧ください。

オフィシャルサイトの黒服採用情報

-キャバクラ
-, ,

執筆者:

関連記事

プチぼったくり レシート

増えるプチぼったくり被害に遭わないようにするには。

ここ2~3年で「プチぼったくり」の被害をよく耳にするようになりました。 昔のぼったくりバーやぼったくりキャバクラのように何十万も請求されて、支払を断ると怖いお兄さんが出てくるというのではなく、最初に言 …

銀座でバイトが原因で局アナ内定を取り消された笹崎里菜さん

ホステス経験が原因で日テレ内定を取り消された笹崎里菜さん

11月10日に週刊現代がスクープして話題になった日テレの内定取消問題について、業界の中の人間として思う事を書きます。 ミス東洋英和が日テレの「女子アナ内定」を取り消された理由 独占スクープ「まさか、そ …

体入ドットコム

体入ドットコムで応募者からよくある質問に本音で答えます

ラグジュアリーフロアが求人情報を掲載している体入ドットコムの管理画面から応募者の質問を見ることができるので、よくある質問に本音で、他のキャバクラでも当てはまるようにできるだけ一般論で答えます。 サイト …

キャバ嬢マニュアル 接近接客

キャバ嬢マニュアル|指名を取るための接近接客テクニック

売れっ子キャバ嬢は、接客中にお客様との距離が近い子がとても多いです。 そういう子が指名を取れるのは、お客様に「疑似恋愛」を提供できているからです。 中高生の時に感じた、両想いのような気がする、イケるの …

webテレビ電話面接

グーグルハングアウトで黒服のテレビ電話面接をやってみた

先日黒服募集にご応募頂いた方から、現在の住まいがかなり遠方なので電話で面接をしてほしいとの要望がありました。 しかしながら、面接では外見・態度も見たいので、電話だけで合否を判断するのは難しいです。 そ …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)