「俺が○○の時は・・・」

公開日: : 最終更新日:2015/04/08 その他の記事

以前勤めていた会社の元同僚と電話で話をしていて、
「俺が○○の時は・・・○○なのが当たり前だった。今の人達は・・・」
と言う人がいるという話を聞いた。

 

元同僚は、

「こんなに変化が激しい時代に、そんな事言っている人が最先端の講義をできるのか」

と言っていた。

BtoCであれ、BtoBのビジネスであれ、

最終的に商品やサービスを受け取るのは個人である事が多い。
その個人の価値観、当たり前が多様化している中で、エンドユーザーのニーズを満たし、ウォンツを創出していくには、企業が多様性のある人を、多様性のある働き方で雇用していかなければならない。

そうでなければ、多様性のあるエンドユーザーの気持ちを汲み取ってビジネスをする事ができない。

 

そこまで話して、ふと自分の事を思い返してみた。

自分もまだ世間で言えばひよっ子の若造ですが、

キャバクラに関しては 、学生時代のオ○カー時代の経験で物事を考えてしまう事が多い。

実際にそれを口に出して言ってしまう事もある。

売上に関する強烈なこだわり、

オペレーション(特に指名係)で一切の妥協を許されない環境、

容赦無く飛んでくる罵声や鉄拳。

自分が入ったころには鉄拳の方は多少少なくなっいて、あまり受ける事は無かったが、それでも当時の上の人が営業中にも関わらず、強烈な鉄拳制裁を受けているのを見て、それを避けたいがゆえに必死で働いていた。

その当時の環境と、今のグループの店舗の環境とを比べると、どうしても

「今の人は・・・」

という気持ちがもたげてくるので、言う人、言われる人両方の気持ちが分かる。

【結論】

過去の働き方を変化させずにビジネスを続けていく事はできない。

当時の働き方で大切にしていた本質的な意味を思い返して、

その意味を今の社会、人に合うようにアレンジした働き方にしていかなければいけない。

「妥協しない指名係」

営業中にキャストから、上司からボロカスに言われ、または鉄拳制裁をくらって泣きながら指名を回していたと言う働き方も本質的な意味は

「お客様の満足に対する徹底したこだわり」

これをどう今の働き方にアレンジしていくか。

更新情報をFacebookページでお知らせ


関連記事

まとめロゴ

初めて「まとめ」を作ってみた感想

最近はやりの「まとめ」をNAVERで作ってみました。 「こんなキャバクラは行ってはいけない」 自

記事を読む

子供

電車のホームの壁は汚いか

昨日駅のホームで4歳くらいの男の子を連れたお母さんがいました。 (最近身近に子供がいる人が多いので、

記事を読む

農業ビジネス

農業ビジネス

今日はうれしい事がありました。 4年くらい連絡が途絶えていた大学時代の友人とFacebookでつなが

記事を読む

ANAのサービス

サービスの変革事例

昨日ワールドビジネスサテライトで全日本空輸のサービスに関する変革が紹介されていた。 機内食サービスの

記事を読む

エコサイクル

エコカー補助金(2010-11-03)

先日ニュースで「エコカー補助金が終了し、新車販売台数が26%減少した」と報道していましたが、そんな事

記事を読む

オリエンタルラウンジ 男女人数

話題の相席ラウンジ、オリエンタルラウンジを楽しむ5つのコツ

【体験レポート】歌舞伎町で話題の相席ラウンジ オリエンタルラウンジ-イブ- でレポートを書きましたが

記事を読む

哲学

自分はどうなりたいか

「自分が10年、20年、もっと先にどうなっていたいのか」 と言う問いはいろいろな自己啓発本で明確に

記事を読む

就職活動

就職難(2010-11-25)

大学生の就職率が57%ですか。 私の就職した年はぎりぎり最後の売り手市場でしたが、今の人はとても贅沢

記事を読む

床屋サービス

良いサービスを受けた時の気持ち

本当に「良いサービス」を受けた時に顧客が感じる気持ちは、 【感謝】 だと今日髪を切りに行って実感

記事を読む

相席ラウンジ

【体験レポート】歌舞伎町で話題の相席ラウンジ オリエンタルラウンジ-イブ-

2016年3月に新宿歌舞伎町にオープンした相席ラウンジ オリエンタルラウンジ-イブ- に行ってきまし

記事を読む

  • キャバクラについて何か知りたい事があれば、キーワード検索をしてみてください。
  • ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

    ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

  • ソーシャルメディアマーケティングのプロ50社
PAGE TOP ↑