その他の記事

自己評価と他者評価

投稿日:2014年2月13日 更新日:

「認められたい」

「給料を上げたい」

「昇進したい」

 

働いている人でこう思わない人は少数派だろう。
評価は自己評価と他者評価とがあるわけだが、

結構自己評価の方が高かったりする。

 

では自己評価と他者評価。

どちらが正確なのだろうか。

 

・自己評価には自分の願望が入る

・他者評価は評価者のニーズや、噂、他の人の評価、コミュニケーションの度合いに左右される

 

結局正解はないのだろうけども、

より成長し、成果を出すには他者評価に焦点を当てた方が良いと思う。

 

自分の能力や仕事以上に他者は認めてはくれないし、

他者に認められないと影響力も発揮できない。

 

結局、今他者に見られている自分が、その人に与えている影響、発揮できている能力そのものなのだと思う。
他者の評価は移り変わり易いと言う点もあるが、

本質的な人の評価は変わらないと思う。

 

その時々の組織の政治的状況によって本質的な評価が表に出せるかどうかは別として。

結局自分がどれだけ「あれをやった」「これをやった」と思っていても、またその事実があっても、

周りに映っている自分自身(認識)を見つめ、

よりよい認識をされるように、影響力を発揮できるように、成果を出せるように、

改善していくのが成長につながる。

 

事実≠認識

 

お客様からの評価も、周りからの評価も『認識』が全て。

 

事実がどうであれ、認識が悪ければ価値は認められない。

 

会社でも、店舗でも、個人でも、

事実以上に認識に目を向ける必要がある。

-その他の記事

執筆者:

関連記事

子供

電車のホームの壁は汚いか

昨日駅のホームで4歳くらいの男の子を連れたお母さんがいました。 (最近身近に子供がいる人が多いので、見た目でだいたい何歳くらいか分かるようになりました) そこで、お母さんが子供に「壁は汚いから触っちゃ …

三ちゃん経営

三ちゃん経営は日本を救うか(2010-12-06)

昨日、仲の良い後輩と電話をしていて、後輩のお母さんがブログを読んで下さっていることを聞きました。 いつもありがとうございますm(_ _)m 若輩者のブログでお恥ずかしい限りですが、今後も読んでいただけ …

ビジネスマナー体験講座

ビジネスマナー体験講座

今日は知人の紹介でビジネスマナーの体験講座に行ってきました。 収穫としては、 小難しい事をしなくても、 ABC「当たり前の事を、バカにせずに、ちゃんとやる」 だけで、業績の上がる余地はまだまだあると気 …

就職活動

就職難(2010-11-25)

大学生の就職率が57%ですか。 私の就職した年はぎりぎり最後の売り手市場でしたが、今の人はとても贅沢を言っていられないみたいですね。 しかもマルチリンガルが当たり前の超優秀な外国人留学生までもが日本企 …

相席ラウンジ

【体験レポート】歌舞伎町で話題の相席ラウンジ オリエンタルラウンジ-イブ-

2016年3月に新宿歌舞伎町にオープンした相席ラウンジ オリエンタルラウンジ-イブ- に行ってきました。 相席居酒屋とか相席バーとか、数年前から流行りの相席〇〇ですが、実は行くのは初めてです。 もう5 …

人気記事ランキング(PV/日)