おすすめ本

思いやりの本能。『SQ』ダニエル・ゴールマン

投稿日:2014年2月13日 更新日:

「思いやり」と言うのは本能らしい。

マウスの例

マウスにハーネスを付けて空中に吊り下げる。
マウスはキーキーと鳴いて手足をばたつかせる。
危険にさらされてマウスを見て、同じケージで飼われている仲間のマウスも動揺し、吊るされたマウスを安全に地面に下ろす働きをするペダルを押して仲間を助けようとする。

サルの例

6頭のアカゲザルにチェーンを引っ張ると食べ物が出てくる事を教える。
6頭からよく見える場所に別のアカゲザルを連れてきて、6頭がチェーンを引っ張るたびにこのアカゲザルが苦痛を伴うショックを受けるようにする。
ショックを与えられたアカゲザルが痛がるのを見て、6頭のうち4頭は食べ物は少ししか出ないが目の前の仲間がショックを受けずにすむ別のチェーンを引っ張るようになった。
残り2頭のうち1頭は5日の間チェーンを全く引っ張らず、もう1頭は12日間もチェーンを引っ張らず、仲間のアカゲザルに苦痛を与えないように空腹に耐えた。

人間の例

赤ちゃんはほぼ誕生直後から他の赤ちゃんが泣いているのを見たり聞いたりすると、まるで自分が苦痛を感じたかのようにつられて泣き出す。
しかし、自分の泣き声の録音を聞かされた場合には、つられて泣く事はほとんどない。
1歳2カ月ごろになると、幼児は他の幼児の泣き声につられて泣き出すだけでなく、泣いている幼児を慰めようとする。
大きくなるにつれて、幼児はつられて泣くよりも相手を慰めようとする方が多くなる。

 

マウスにも、アカゲザルにも、赤ちゃんにも、苦しんでいる仲間に注意を向け、自分の中でも同じように苦痛を感じ、仲間を助けようとする行動パターンが本能的に備わっている。

種の違いを越えて同じ反応が見られるのはなぜだろう。

答えは簡単だ。

自然が有用な性質を保存しようとするからだ。

(『SQ』ダニエル・ゴールマンより引用)

 

有用な性質って何だろう。

 

簡単に言うと、
「生き延びて子孫を残す」
事にこの思いやりと言う本能は非常に役に立つらしい。

 

 

この本の著者

ダニエル・ゴールマン氏は

『EQ(こころの知能指数)』で有名。

 

自然と湧き上がってくると思っていた感情が、科学的に説明されることで、自分の感情を客観的に見るのに役立ちます。

SQ生きかたの知能指数 

-おすすめ本

執筆者:

関連記事

黒服物語

(書評)『黒服物語』~原作を読んでドラマをもっと楽しむ~

2014年の10月からドラマ化される『黒服物語』を読んでみました。 なかなか過激な描写も多くて、これをジャニーズの中島健人さんと佐々木希さんでどこまで再現するのかめっちゃ気になります。 Content …

日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか

書評『日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか』

銀座に古くからあるキャバレー【白いばら】に19歳から50年間勤め上げた元店長の本を読みました。 バブルもバブル崩壊もリーマンショックもすべて経験し、業績が良い時も悪い時もあり、何とかお店を盛り上げよう …

LOVE理論 水野敬也

キャバクラを舞台にドラマ化される『LOVE理論』の原作オススメ度は?

歌舞伎町のカリスマキャバ嬢、愛沢えみりさんも出演するという、4月13日(月) 夜11時58分 スタートのテレビ東京新ドラマ『LOVE理論』の原作を読みました。 ドラマ『LOVE理論』のみどころ、出演者 …

売れっ娘ホステスの会話術《笑わせ上手編》―こうすれば、もっと可愛がられる、好意を持たれる

(書評)売れっ娘ホステスの会話術《笑わせ上手編》―こうすれば、もっと可愛がられる、好意を持たれる

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置いています。 今回は『売れっ娘ホステスの会話術《笑わせ上手編》』を紹介します。 Contents1 本 …

沼津マリー インドでキャバクラ

(書評)~超人気webマンガ~『インドでキャバクラ始めました(笑) 』

書評という感じではないですが、最近流行っているwebマンガを読みました。 沼津マリーさん(なんと21歳!)という方が書いていて、めちゃくちゃ面白い上に更新頻度も高く楽しみなマンガの一つです。 インドで …

人気記事ランキング(PV/日)