おすすめ本

『デフレの正体』②

投稿日:2014年2月13日 更新日:

もう少し読み進めました。
(まだ読み切ってはいません)

今日本は「不景気」「デフレ」「少子高齢化」などと言われていますが、
実際には何が起こっているのでしょうか。

だいたい以下の様な事が起こっているみたいです。

生産年齢人口(15歳-64歳)の減少

消費者人口の減少
※お金を稼いでお金を遣う人の絶対数が減っている

供給能力過剰
※消費者が必要とする商品、サービスの量以上に供給が多い

在庫積み上がりと価格競争激化(これがデフレと呼ばれている)

そして働いてお給料を稼ぐ人である【生産年齢人口】の絶対数が減っているため、企業業績が回復しても、お給料として消費人口に回る絶対額が減ります。
※2000年から2006年まで「戦後最長の好景気」と言われていた時期に、一般消費者の生活がちっとも良くなった実感が無かったのはこの為です。

消費人口に回らないお金は企業の株主になっている投資家(法人・個人)への配当として海外もしくは日本の高齢者富裕層の財布に入っていきます。

日本の高齢者富裕層はあまりお金を遣いません。
老後が不安なので貯金をするのです。
なので貯金額が増えるだけで、モノ消費もサービス消費も増えないのです。

しかもその高齢者のほとんどはその貯蓄を残したまま亡くなっていきます。
その亡くなった方の貯蓄を相続する方の平均年齢が67歳だそうです。
相続した貯蓄はまたまた貯蓄に回ります。

こうしてお金が結局一度も消費に回らない事で、日本国内での個人向け市場は縮小し続けるのです。
うーん、なるほど。

では我々はどこでこの悪循環に対抗するか。
生産年齢人口の減少~供給能力過剰は我々にはどうする事もできません。

となると対抗するところは【価格競争激化】です。
【ブランド力】を高める事で、業界の供給能力が過剰でも値下げに走らない。
高いお金を喜んで支払っていただけるような【ブランド力】で事業を展開していく必要があります。

次はそれをどうやって実現するか。

デフレの正体

-おすすめ本

執筆者:

関連記事

デフレの正体

『デフレの正体』

最近話題の『デフレの正体』。 半分くらい読みましたが、ここまでをだいたい整理するとこんな感じでしょうか。 日本の問題点は「アジア諸国の技術台頭」や「日本国内の地域間格差」などなど、世間で「そんな空気」 …

生き方

欲望について。『生き方~人間として一番大切なこと~』

京セラ創業者稲盛和夫さんの『生き方~人間として一番大切なこと~』を読んでいて、おもわず「なるほど・・・」と唸ってしまう仏教説話を見つけました。 以下引用~~~~~~~~~~~ 秋も深まったある日、木枯 …

マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

(書評)マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

2012年から2年間通っていた経営大学院の同期生「かんべみのり」さんが本を出版しました。 私も最後のちょっとだけ出演させて貰っていて嬉しかったです(笑) ※照れますが記事の一番下に載せていますw Co …

昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方

(書評)昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置いています。 今回は『昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方』を紹介します。 …

炎の経営者

日本語の美しさ(高杉良の小説から)

最近、従業員80名の町工場だった日本触媒化学工業(現日本触媒)を東証一部上場の一流化学企業に育て上げた、八谷泰造社長を実名で小説にした『炎の経営者(高杉良)』を読みました。 八谷社長は糖尿病を患いなが …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)