おすすめ本

『デフレの正体』

投稿日:2014年2月13日 更新日:

最近話題の『デフレの正体』。

半分くらい読みましたが、ここまでをだいたい整理するとこんな感じでしょうか。
日本の問題点は「アジア諸国の技術台頭」や「日本国内の地域間格差」などなど、世間で「そんな空気」として騒がれていることではなく、実際の数字を事実として分析すると問題は「内需の不振」ということになるらしい。

生産年齢人口(15歳ー64歳)の減少

個人所得(総額)の減少

小売販売額の減少といった内需の不振
まだ半分しか読んでいないので、藻谷浩介さんの言いたいことを理解できているかどうかは怪しいですが、世間で騒がれている様々な現象や問題を、実際の数字に基づいて見ると、本当はどこを変えなければいけないかが見えてくる気がします。

中長期的な経営計画を立てるには、その実際の数字に基づいた事実に目を向けて、今後の事業の方向性を考えていく必要がありますね。

もうちょっとちゃんと読んで整理します。

デフレの正体

-おすすめ本

執筆者:

関連記事

ルポ風営法改正

(書評)ルポ風営法改正~踊れる国のつくりかた~

風俗営業法の改正案が可決 2015年6月17日、ダンスクラブの摘発強化から始まった風営法改正を求める運動が実った事がニュースでも大々的に取り上げられ話題になりました。 キャバクラなどの社交飲食店は従来 …

『SQ』ダニエル・ゴールマン

思いやりの本能。『SQ』ダニエル・ゴールマン

「思いやり」と言うのは本能らしい。 マウスの例 マウスにハーネスを付けて空中に吊り下げる。 マウスはキーキーと鳴いて手足をばたつかせる。 危険にさらされてマウスを見て、同じケージで飼われている仲間のマ …

No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術―プロが使っている「愛されるおしゃべり」

(書評)No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術―プロが使っている「愛されるおしゃべり」

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置いています。 今回は『No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術』を紹介します。 本の特徴 読み物とし …

炎の経営者

日本語の美しさ(高杉良の小説から)

最近、従業員80名の町工場だった日本触媒化学工業(現日本触媒)を東証一部上場の一流化学企業に育て上げた、八谷泰造社長を実名で小説にした『炎の経営者(高杉良)』を読みました。 八谷社長は糖尿病を患いなが …

黒服物語

(書評)『黒服物語』~原作を読んでドラマをもっと楽しむ~

2014年の10月からドラマ化される『黒服物語』を読んでみました。 なかなか過激な描写も多くて、これをジャニーズの中島健人さんと佐々木希さんでどこまで再現するのかめっちゃ気になります。 あらすじ 医学 …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)