おすすめ本

『デフレの正体』

投稿日:2014年2月13日 更新日:

最近話題の『デフレの正体』。

半分くらい読みましたが、ここまでをだいたい整理するとこんな感じでしょうか。
日本の問題点は「アジア諸国の技術台頭」や「日本国内の地域間格差」などなど、世間で「そんな空気」として騒がれていることではなく、実際の数字を事実として分析すると問題は「内需の不振」ということになるらしい。

生産年齢人口(15歳ー64歳)の減少

個人所得(総額)の減少

小売販売額の減少といった内需の不振
まだ半分しか読んでいないので、藻谷浩介さんの言いたいことを理解できているかどうかは怪しいですが、世間で騒がれている様々な現象や問題を、実際の数字に基づいて見ると、本当はどこを変えなければいけないかが見えてくる気がします。

中長期的な経営計画を立てるには、その実際の数字に基づいた事実に目を向けて、今後の事業の方向性を考えていく必要がありますね。

もうちょっとちゃんと読んで整理します。

デフレの正体

-おすすめ本

執筆者:

関連記事

沼津マリー インドでキャバクラ

(書評)~超人気webマンガ~『インドでキャバクラ始めました(笑) 』

書評という感じではないですが、最近流行っているwebマンガを読みました。 沼津マリーさん(なんと21歳!)という方が書いていて、めちゃくちゃ面白い上に更新頻度も高く楽しみなマンガの一つです。 インドで …

マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

(書評)マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

2012年から2年間通っていた経営大学院の同期生「かんべみのり」さんが本を出版しました。 私も最後のちょっとだけ出演させて貰っていて嬉しかったです(笑) ※照れますが記事の一番下に載せていますw Co …

2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方

『2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方』を読んでキャバクラがどう変わるか考えてみた。

1年ちょっと前、 LINEで人気のJK人工知能「りんな」が売れっ子キャバ嬢になれる5つの理由 という記事を書いた時に、僕にりんなを教えてくれた藤野さんが人工知能時代の働き方に関する本を出版されたので読 …

お金

お金は決して無くならない。『こんなに使える経済学』

最近読んだ本で、こんな記事を読みました。 「不景気になってもお金は無くならない。お金が無くなったように見えるのは、お金の量が同じでも、お金が回らなくなるからである」 この事を大変分かりやすく説明してあ …

日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか

書評『日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか』

銀座に古くからあるキャバレー【白いばら】に19歳から50年間勤め上げた元店長の本を読みました。 バブルもバブル崩壊もリーマンショックもすべて経験し、業績が良い時も悪い時もあり、何とかお店を盛り上げよう …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)