おすすめ本

自省録

投稿日:2014年2月13日 更新日:

哲人皇帝と言われてマルクスアウレーリウスの

『自省録』

から。

明けがたに起きにくいときには、次の思いを念頭に用意しておくがよい。
「人間のつとめを果たすために私は起きるのだ。」
自分がそのために生まれ、そのためにこの世にきた役目をしに行くのを、
まだぶつぶついっているのか。
それとも自分という人間は夜具の中にもぐりこんで身を温めているために創られたのか。
「だってこのほうが心地よいもの。」
では君は心地よい思いをするために生まれてきたのか、
いったい全体君は物事を受身に経験するために生まれたのか、
それとも行動するために生まれたのか。
小さな草木や小鳥や蟻や蜘蛛や蜜蜂までもがおのがつとめにいそしみ、
それぞれ自己の分を果たして宇宙の秩序を形作っているのを見ないのか

この本は何度も読み返して自省をするが、朝はやっぱり眠い

自省録

-おすすめ本

執筆者:

関連記事

昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方

(書評)昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置いています。 今回は『昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方』を紹介します。 …

キャバクラ嬢の作法

(書評)~基本がしっかり学べる~『キャバクラ嬢の作法』

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置いています。 その中でも個人的にもっとも良いなと思うのが『キャバクラ嬢の作法』です。 本の特徴 具体的 …

炎の経営者

日本語の美しさ(高杉良の小説から)

最近、従業員80名の町工場だった日本触媒化学工業(現日本触媒)を東証一部上場の一流化学企業に育て上げた、八谷泰造社長を実名で小説にした『炎の経営者(高杉良)』を読みました。 八谷社長は糖尿病を患いなが …

黒服物語

(書評)『黒服物語』~原作を読んでドラマをもっと楽しむ~

2014年の10月からドラマ化される『黒服物語』を読んでみました。 なかなか過激な描写も多くて、これをジャニーズの中島健人さんと佐々木希さんでどこまで再現するのかめっちゃ気になります。 あらすじ 医学 …

キャバ嬢社長 歌舞伎町No,1嬢王 愛沢えみりとしての生き方

【書評】キャバ嬢社長 歌舞伎町No,1嬢王 愛沢えみりとしての生き方

歌舞伎町のジェントルマンズクラブでNo,1キャバ嬢だった愛沢えみりさんが出版された、『キャバ嬢社長 歌舞伎町No,1嬢王 愛沢えみりとしての生き方』を読みました。 著者:愛沢えみり キャバ嬢としての最 …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)