キャバクラ

モテない女性に読んで欲しい、かわいいのに指名が取れないキャバ嬢7つの特徴

投稿日:2016年10月21日 更新日:

キャバクラでNo.1になるキャバ嬢が、必ずしもお店で一番ルックスが良いとは限りません。

むしろ経験上は、お店で3~4番目くらいのルックスの子がNo.1になっていることが多かったような気がします。

逆に、せっかくかわいいのにイマイチ指名を取れないキャバ嬢もたくさんいます。そんなもったいないキャバ嬢さんに共通する特徴をまとめました。

悪気が無く無意識にやってしまっているケースもあるので、気づいて意識するだけでも大きく改善する場合があります。

指名が取れないキャバ嬢の特徴

自分ばかり話す

マシンガンのように自分ばかり喋るキャバ嬢は指名が取れないことが多いです。

しかもそれが自慢話だったり、お客さんが喋り出した話を奪って自分のことを話したりと、友達でも嫌なコミュニケーションです。

嬢 「前は昼職で大手の〇〇で働いてて~」「知り合いの△△さんはクルーザー持ってて~」

お客さん 「へぇ~すごいねぇ」心の声(…、知らねーよ。楽しいのか?俺はこの話を聞いて楽しいのか?)

もしお客さんが興味あるとすれば、その大手の企業からキャバクラで働くようになった人間ドラマです。作り話でもいいんです。

考えてもみてください。

仕事や家庭で話せないことを話に来ているお客様が、こんな話を聞かされているという地獄絵図を。

理想はお客さん8割、自分2割喋ってるくらいの割合です。

腕を組んで話す

腕を組むというのは心理学的にも「拒絶」「警戒」を意味すると言われており、相手にとっても拒絶されているという気分になります。

そういう子はだいたい顎が上がって上から見下すように話す人が多いです。上目遣いの逆でかなり印象悪いです。悪気はないかもしれませんが、イラッとされます。

テイクアンドギブの考え方

指名が取れないキャバ嬢は考え方が「ドリンクや指名、延長が入るから楽しませる」になっている子が多いです。

「あの席は安いから~…」

いやそうではなく「楽しませるからドリンクや指名、延長が入る」です。

実際にあった話ですが、ずっと5000円でドリンクも指名も延長も入らなかったお客様が実は社長さんで、ある日突然同伴、ボトル、延長が入る超優良顧客になられたことがあります。

曰く「いつも安くても嫌な顔せずに対応してくれて嬉しかった。安心して飲める店を探していた」

否定から入る

何を話しても「いや」とか「でも」とか否定から入る人がいます。

キャバ嬢の仕事はお客さんを楽しませることで、議論をすることではありません。

たとえ議論であったとしても毎度毎度否定から入られたら議論する気を無くします。

自分から連絡先を聞かない

キャバ嬢はお客さんに「お?俺好印象かも?」と思わせてなんぼです。お客さんに聞かれるまで連絡先を交換しない子はモテません。

嘘がつけない

我々は小さいころから「嘘をついてはいけません」と教育されてきましたが、キャバクラの接客に関しては「嘘も方便」の方が正しいことが多いです。

お客様が口説いてくるのを本気に捉えて、マジの対応をしていたら指名は取れません。その場でどんな嘘をお客様が求めているか、どんな嘘ならお客様が楽しめるかを考えて嘘をつく必要があります。

簡単に言うと「可能性あるかも?」です。

このツイートを参考にしてみてください。

https://twitter.com/bLg1MyBimGPus6X/status/788376935189532672

「沖縄行かない?」には直接答えず、「もし行くなら」で期待を維持し、かなり先の約束で実現はたぶんしない(笑)

罪悪感を感じる必要はありません。お客様はよそのお店に行って他のキャバ嬢にも同じことを言っています。それが楽しいのです。

ダウンタウンのまっちゃんが、ネタの話が嘘だという批判に対して、「ほな100%ほんとのこと言って笑うんかい」と反論していましたが、その通りだと思います。

楽しめない本当より楽しめる嘘の方がエンターテイメントにとっては大事です。

まじめ過ぎて堅苦しい

お酒も入って少し打ち解けてきているのに、いつまでも完璧な敬語で上品に会話をしていたのでは楽しさも半減します。

最低限の礼儀はわきまえながらも、リスクをとって一歩踏み込んで行かないと印象には残らず「かわいかったけどおもんなかったな」で終わってしまいます。

 

いかがでしたでしょうか。

ここではキャバ嬢が指名を取れない特徴として紹介しましたが、男女の恋愛やコミュニケーションにも通ずるものがあると思います。

別に異性にモテるだけが人間の価値ではないですが、気持ちの良いコミュニケーションを取れることは人生を豊かにしてくれるはずです。

-キャバクラ
-, , ,

執筆者:

関連記事

キャバクラ,楽しみ方,遊び方

キャバクラの楽しみ方マニュアル厳選リンク集。

「キャバクラなんて何が楽しいの?」と言われることがたまにあるのですが、キャバクラを楽しむためにはちょっとしたコツと慣れが必要かもしれません。 お店選びから楽しみ方まで具体的に分かりやすくまとめた記事を …

石原さとみ-ディア・シスター

写真満載。キャバ嬢役を演じた女優さんの指名ランキングを作ってみた。

近年キャバクラをテーマにしたテレビドラマも多く、たくさんの女優さんがキャバ嬢役を演じているのを見るのがとても楽しみです。 そこでキャバクラ運営者の視点で、キャバ嬢役を演じる女優さんがもし本当にキャバ嬢 …

キャバクラ、いちゃキャバ、セクキャバ(おっぱぶ)の違い

3分で分かるキャバクラ、いちゃキャバ、セクキャバ(おっぱぶ)の違い

キャバと名がつくお店でもサービス内容や料金システムが全然違うお店があります。 代表的なキャバクラ、いちゃキャバ、セクキャバ(おっぱぶ)について解説します。 キャバクラ→いちゃキャバ→セクキャバ(おっぱ …

キャバクラ偏見無くす

偏見を一つずつ無くしていく(知人女性の体験入店から)

先週、とある場で知り合いになった女性が私どものお店に体験入店に来てくれました。 大学を卒業されて普通に就職し、キャバクラで働いた事は一度も無かったそうです。 もちろん今もお昼の仕事(昼職)でご活躍され …

昼職紹介

昼職紹介制度④(受付や秘書への転職)

昔一緒に働いていたキャストさんが不動産屋さんに就職して頑張っているという記事を以前書きましたが、私がよく聞く夜のお仕事をしていた女性に多い求人案件は営業です。 賃貸不動産だけでなく、マンション販売をや …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)