キャバクラ

マイナンバー制度が始まっても副業キャバ嬢が続けられる2つの理由

投稿日:2015年10月2日 更新日:

先日❝夜の街で働く「副業キャバ嬢」がいなくなる日 “副業する人”を襲う「マイナンバー」の恐怖❞という東洋経済オンラインの記事がツイッターやFacebookで拡散されて話題になっていました。

夜の街で働く「副業キャバ嬢」がいなくなる日

http://toyokeizai.net/articles/-/86111

この記事の中では「所得が把握されることで住民税の額が上がることで昼の会社や家族にバレる」と言われており、他の記事やツイッターでも「所得がバレて住民税が跳ね上がる」とか「過去にまで遡って税金を取りたてられる」とまことしやかにささやかれています。

これを読んで不安になった副業キャバ嬢さんも多いと思いますので、大丈夫だと考える理由と解説を書いておきます。

マイナンバー制とは

国民に13桁の管理番号をつけて、その番号にもとづいて社会保障や個人情報の管理などを行うというものです。

社会保障:生活保護、母子家庭手当、健康保険など

税:所得税、住民税など

災害対策:安否情報、避難者情報の収集など

詳しくはコチラ

マイナちゃんのマイナンバー解説

① 200万程度では税金は増えない

話題記事のケースにあるような、キャバ嬢としての年収が200万円程度の場合は増えないどころか還付金が返ってきます。

キャバ嬢の税金

キャバ嬢は税務上「No.2807 ホステス等に支払う報酬・料金」という分類になります。

お店はキャバ嬢に報酬を払う時に、源泉徴収として10.21%を徴収して翌月10日までに税務署に納付します。

国税庁HP:No.2807 ホステス等に支払う報酬・料金

キャバ嬢の控除

ホステスというのはお客様にプレゼントを買ったり、営業上の付き合いで食事に行ったりと交際費がかかるので、タクシー代や衣服の購入代などの領収書があれば、確定申告する時に必要経費として課税所得から控除されます。

ほとんどのお店はキャバ嬢から10.21%の源泉徴収をそのまま納税しているので、キャバ嬢としての年収が300万円未満の場合だと、確定申告をすれば必要経費の控除を受けて税金が還付されるケースが多いです。

確定申告についての詳しい記事はコチラ↓

マイナンバー対策|結局キャバ嬢・ホストは確定申告をした方がいいの?

キャバ嬢年収200万円のケース

200万円×10.21%=20万4200円を既に源泉徴収されています。

1年間働いたとして、経費にできる領収書が100万円分あったとします。

課税所得は、200万 - 100万 = 100万

課税所得が100万円なら所得税約3万、住民税は約7万ですので、源泉徴収された約20万円との差額10万円が戻ってきます

※お店がきちんと納税していたらの話です。

危ないお店の見分け方はコチラ:こんなキャバクラで働いてはいけない。

② 昼の会社に副業はバレない

普通徴収で確定申告をすればバレません。

住民税は普通勤め先からもらう給料から天引き(=特別徴収)されているのですが、副業に対する住民税は自分で支払う(=普通徴収)こともできます。

年収300万以上のキャバ嬢所得を確定申告して、特別徴収で勤め先から天引きしてもらうと住民税の額が増えるので「なんだコレは?」と不思議に思われて副業がバレてしまうことがあります。

キャバ嬢としての所得を確定申告する時の確定申告書に「自分で納付」というチェック欄があるので、そこのチェック入れておけば昼の会社に住民税の額が通知されることは無いのでバレません。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は年収200万程度の副業キャバ嬢さんをケースに記事を書きましたが、これが年収1000万を超えてくるような売れっ子キャバ嬢さんになるとまた話が変わってきます。

税金や確定申告のことを自分でやろうとすると、本や記事を読んでも分かりにくくて難しいことも多いと思います。

ラグジュアリーフロアで頑張ってくれているキャストさんに安心して働いて貰えるように、税理士先生や経理実務のエキスパートがサポートできるようにしていきたいと思います。

 

ラグジュアリーフロアのキャストさん採用情報

もし私たちの仕事に少しでもご興味を持っていただけた方は、ぜひ以下のリンクから採用情報をご覧ください。

オフィシャルサイトのキャストさん採用情報

初回無料のキャバ嬢税金相談

ラグジュアリーフロアのキャストには、キャバクラ税金実務のエキスパートによる無料相談を行っています。

興味のある方はお名前と電話番号と記載の上、下記問い合わせフォームからお問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

-キャバクラ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

キャバクラ労働組合

キャバクラ労組のデモ(2010-03-26)

現役、元キャバクラ嬢らが労働条件改善などを目指し、 昨年末に結成した労働組合「キャバクラ・ユニオン(CU)」が、 26日に東京・新宿の繁華街、歌舞伎町でデモを行うことになった。 CU結成以来、初めて大 …

ボジョレーヌーボー 2015年

【キャッチコピー一覧】ボジョレーヌーボーをキャバクラで楽しむ

今年もこの季節がやってきました。 11月の第三木曜日! ボジョレーヌーボーの解禁日です^^ 今年は11月19日ですね。 キャバクラでも解禁日~1週間くらい提供する店が多く、もちろんラグジュアリーフロア …

キャバ嬢、ホストのマイナンバーと確定申告

マイナンバー対策|結局キャバ嬢・ホストは確定申告をした方がいいの?

国民の義務なので、基本的には全員確定申告した方が良いですが、その中でも年収1000万を超えるような高額所得者や、夜一本でやっている専業キャバ嬢・ホストの方はできるだけ確定申告をしておいた方がよいです。 …

求人効果検証

求人の効果検証(2012-03-26)

他社さんのコンサルも少しだけやっていますが、求人媒体や原稿の効果を数字で検証しているお店さんにはほとんどお目にかかりません。 少しめんどくさいですが、ちゃんとやった方が良いと思います。 できれば「閲覧 …

初心者キャバ嬢

初心者キャバ嬢が指名を取るためにやるべき10の事

指名の取り方は人それぞれですが、キャバ嬢を始めたばかりの方がこれさえやっていればある程度は指名が取れるようになるという項目をまとめました。 初心者キャバ嬢さん向けの営業マニュアルです。 ①シフトを固定 …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)