その他の記事

キャッチコピーの良し悪し

投稿日:2014年2月13日 更新日:

最近出先やweb上で、
「あっ、これ良いなぁ」と思ったコピーを見つけたら、「なぜ良いのか?」「どこが良いのか?」を携帯メールで自分のPCに送って、エクセルにまとめているのですが、もう少し良し悪しの判断軸について考えてみました。

プロの方から見てこれが良い判断軸かどうかは分りませんが、とりあえずこんな感じで考えてみてます。

■注目度(Awareness):パッと目を引くか

■わかりやすさ(Memory):理解しやすいか

■メッセージ性(Memory):心に迫る強さがあるか

■欲求喚起性(Trial):広告が狙った行動をしたいと思うか

■共感性(Trial・Loyalty):共感は得られるか

■好感度(Usage・Loyalty):好意的な印象を持たれるか

カッコ内は、消費者の態度変容モデル【AMTUL】で考えると、どの項目に当てはまるかです。

Awareness : 認知させる
Memory   : 記憶させる
Trial     : 試験的に使う
Usage    : 頻繁に使う
Loyalty   : ブランドを決める

どの項目が高ければ良いのかは、商品特性やAMTULのようなマーケティングコミュニケーションの段階などから、解決したいマーケティング課題によると思います。

試しに最近良いなぁと思ったコピーを、僭越ながら評価してみました(笑)

ヤマト運輸

キャッチコピーの評価
これはなんか心にグッと来ました。
好感度が高く、ブランドロイヤリティを高める効果があるのではないかと思います。

花王

キャッチコピーの評価
こちらは「へぇ、そうなんだ!」というメッセージ性と、楽で、しかも本質的な体質改善ができそうなイメージから、試してみたいという気持ちになります。

オリンピック

キャッチコピーの評価
一瞬なんの広告かわからないのですが、目にはとまります。そして文章を読ませて、「公式スポンサーでもないのに、勝手に”オリンピックを応援しています”とかつけたらダメですよ」ということを理解してもらうという目的は達成していると思います。

とまぁ僭越なことをいろいろ書きましたが、おかしなところがあっても素人だと思って見過ごしてください(笑)

 

関連記事

NAVERまとめ版

【グッとくる】名キャッチコピーまとめ

読んでよかったコピーライティング系書籍

広告コピーってこう書くんだ!読本

何度も読みたい広告コピー

「売る」コピー39の型

日本のコピーベスト500

-その他の記事

執筆者:

関連記事

ポンパドールやカフェドパリはシャンパンではない

知らないと恥ずかしい、ポンパドールやカフェドパリはシャンパンじゃない

若くて「うえ~い」な感じの人たちのtwitterで、よく「シャンパン飲んだ!」とポンパドールやカフェドパリの写真がアップされていることがあるのですが、ポンパドールやカフェドパリはシャンパンではありませ …

老人男性

80歳の応募者(2011-02-17)

先日80歳のおじいちゃんを面接してきました。 おそらく、業界初ではないでしょうか。 しかも特別な経緯ではありません。 店舗で出している求人広告から普通にメール応募がありました。 最初は、【80歳】と表 …

ソーシャルメディア

個人の情報発信力が強くなるという事は(2011-05-14)

ソーシャルメディアの発達によって、個人の情報発信力が強くなると、 商品やサービスの品質 →モノであれば、ユーザーが実際に使う瞬間 →サービスであれば、そのサービスを受ける瞬間 (いわゆる、【真実の瞬間 …

デジタルサイネージ

デジタルサイネージ(2010-05-15)

5月14日のワールドビジネスサテライトから。 駅のホームでよく見る電子看板「デジタルサイネージ」 デジタルサイネージ:表示と通信にデジタル技術を活用して平面ディスプレイやプロジェクタなどによって映像や …

論理思考

クリティカルシンキング体験講座(2010-04-21)

昨日はグロービスの体験セミナーに行ってきました。    内容としては普通のロジカルシンキング。 違いは進め方と参加者。     他の参加者との交流や討議が学びになり、その …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)