自己評価と他者評価

公開日: : 最終更新日:2015/04/08 その他の記事

「認められたい」

「給料を上げたい」

「昇進したい」

 

働いている人でこう思わない人は少数派だろう。
評価は自己評価と他者評価とがあるわけだが、

結構自己評価の方が高かったりする。

 

では自己評価と他者評価。

どちらが正確なのだろうか。

 

・自己評価には自分の願望が入る

・他者評価は評価者のニーズや、噂、他の人の評価、コミュニケーションの度合いに左右される

 

結局正解はないのだろうけども、

より成長し、成果を出すには他者評価に焦点を当てた方が良いと思う。

 

自分の能力や仕事以上に他者は認めてはくれないし、

他者に認められないと影響力も発揮できない。

 

結局、今他者に見られている自分が、その人に与えている影響、発揮できている能力そのものなのだと思う。
他者の評価は移り変わり易いと言う点もあるが、

本質的な人の評価は変わらないと思う。

 

その時々の組織の政治的状況によって本質的な評価が表に出せるかどうかは別として。

結局自分がどれだけ「あれをやった」「これをやった」と思っていても、またその事実があっても、

周りに映っている自分自身(認識)を見つめ、

よりよい認識をされるように、影響力を発揮できるように、成果を出せるように、

改善していくのが成長につながる。

 

事実≠認識

 

お客様からの評価も、周りからの評価も『認識』が全て。

 

事実がどうであれ、認識が悪ければ価値は認められない。

 

会社でも、店舗でも、個人でも、

事実以上に認識に目を向ける必要がある。

更新情報をFacebookページでお知らせ


関連記事

広告おもしろい話

広告に関するちょっと面白い話

マーケティングの本を読んでいて、ちょっと面白い事例がありました。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

記事を読む

協賛金

学生団体の協賛金に費用対効果を求めるか

今日は学生団体の渉外担当をしている方から協賛のご依頼を頂きました。 我々の業界に対するイメージも率直

記事を読む

きたなトラン

一つのお店を一生かけてやり遂げるオーナー【きたなトラン】

とんねるずさんの、~汚いけど美味い店~【きたなトラン】の番組で紹介されたお店に行ってきました。 お

記事を読む

昇進

就職を予定している学生に聞く、将来どこまで昇進したいですか?(2010-03-28)

就職を予定している学生に聞く、将来どこまで昇進したいですか? あなたは将来、どこまで昇進したいです

記事を読む

人事の役割

どのリスクなら取れるか

昨日、以前当グループでアルバイトをしていた青年と食事をした。 「新店舗オープンに向けて力を貸してほし

記事を読む

就職活動

就職難(2010-11-25)

大学生の就職率が57%ですか。 私の就職した年はぎりぎり最後の売り手市場でしたが、今の人はとても贅沢

記事を読む

哲学

自分はどうなりたいか

「自分が10年、20年、もっと先にどうなっていたいのか」 と言う問いはいろいろな自己啓発本で明確に

記事を読む

キャッチコピー大百科

キャッチコピーの良し悪し

最近出先やweb上で、 「あっ、これ良いなぁ」と思ったコピーを見つけたら、「なぜ良いのか?」「どこが

記事を読む

シンキング

クリティカル・シンキング講座のフィードバック(2011-08-02)

7月上旬に、とある社会人サークルの勉強会で、講師役としてクリティカル・シンキングをお伝えさせて頂いた

記事を読む

悟りと差取り

悟り

「悟り」とは「差取り」である。   「理想」と「現実」の【差】を【取る】と言うことらし

記事を読む

  • キャバクラについて何か知りたい事があれば、キーワード検索をしてみてください。
  • ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

    ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

  • 応募やご質問など、お気軽にお問い合わせください^^
    友だち追加数
  • ソーシャルメディアマーケティングのプロ50社
  • go_tmk

    キャバクラをプロデュースする会社で経営企画、人事、宣伝など何でも屋をやっている中の人です。 大学生の時にアルバイトをしたのが業界に入ったきっかけで、現場で担当のキャストさんを持ち、ホールやリスト、指名係などもやっていました。 あまり趣味はありませんが、歴史小説、経済小説が結構好きです。

PAGE TOP ↑