『闇金ウシジマくん』から学ぶ

公開日: : 最終更新日:2015/04/08 おすすめ本

闇金をテーマにした『闇金ウシジマくん』というマンガをご存知でしょうか。
先週末、営業に参加していた店舗でそのマンガを見つけて、久しぶりに読みました。

以下wikipediaより引用————

丑嶋薫が経営する『カウカウファイナンス』は、10日5割の超暴利闇金融。カウカウファイナンスに訪れる客およびその関係者の様々な人間模様が描かれる。
「~くん」とギャグ漫画を思わせるタイトルに反して物語は各エピソードの中心となる人物の視点で進み、丑嶋はそれらの人物に接触する狂言回し的存在(よって丑嶋が全く登場しない回も多くある)。
一般的に社会の底辺で生きている者たちの閉塞感や不道徳、心の弱さと、そこから起因する各自の経済的失敗から丑嶋に金を借り、さらにどん底へ転落する生活が始まり、場合によっては廃人になる様子がリアリティ溢れてグロテスクな手法と露骨で卑猥な表現で描写されている。

——————————-

ウシジマくんを読んでいて思うのは、

人間堕ち出すと早い

という事です。
マンガの中では、普通のOLやサラリーマン、フリーターが堕ちて行く様子も描かれています。
キャバクラ嬢や風俗嬢も債務者としてよく登場するので、より身近な感じがします。

しかし、ずっとローカル地域のお店だったためか分かりませんが、多重債務者や薬物中毒者の女の子には全くお目にかかったことがありません。
(いたけど気づかなかっただけでしょうか・・・)
ほとんどが普通の学生やフリーター、会社員でした。
ホントに普通の女性ばかりです。
なので、読んでいて「ホントにこんな人間おるの!?(汗)」となります(笑)
とは言っても、作中で普通の登場人物が、多重債務者に堕ちて行って、周囲を巻き込んでいく流れは、

「うーん、、、ありえるかも」

と思える流れなので、【他人事ではない】と感じます。
会社の倒産やリストラ、事故に災害、資産運用の失敗に詐欺被害などなど。
人生何が起こるか分かりません。
貯金や資産を持っていても、インフレや不動産や株式などの資産の価値下落などが起こるとパー。
(資産運用の事はよく分からないので異論反論ある方もいらっしゃるかと思いますが)
詐欺なんかだと貯金もごっそりパーなんて事もありえる。

そんな時何が堕ちるのを食い止める要素になるでしょうか。

逆境に屈しない強い心

能力

問題解決が出来る思考力や構想力、突破力

良い人的ネットワーク

いざという時に助けになってくれる関係性と、助けになってくれる能力を兼ね備えた人物とのネットワーク

 

このへんがあれば何とかなりそうですね。

2011年5月16日号の『PRESIDENT』で大前研一氏が、
『今手元に1000万円あったら、何に投資すべきか』
というテーマで寄稿されていますが、そこでも自己投資の重要性を説いていらっしゃいます。
(若干大前氏が主催されるビジネススクールの宣伝が入っていますがw)
なんにせよ、何かの拍子に人生崩壊なんていう事にならないよう、気を引き締めなければならないという事ですね。
「絶対こんな事にはならん!!」という強い意志を持って生きないと、普通の生活さえままならなくなる時代です。
『闇金ウシジマくん』は僕に良い危機感をもたらしてくれる良書(?)です。

更新情報をFacebookページでお知らせ


関連記事

キャバクラ嬢の作法

(書評)~基本がしっかり学べる~『キャバクラ嬢の作法』

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置い

記事を読む

LOVE理論 水野敬也

キャバクラを舞台にドラマ化される『LOVE理論』の原作オススメ度は?

歌舞伎町のカリスマキャバ嬢、愛沢えみりさんも出演するという、4月13日(月) 夜11時58分 スター

記事を読む

日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか

書評『日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか』

銀座に古くからあるキャバレー【白いばら】に19歳から50年間勤め上げた元店長の本を読みました。バブル

記事を読む

金融腐蝕列島

金融腐蝕列島

昨日ふと『金融腐蝕列島』(高杉良)をDVDで見ようと思って自宅近くのGEOに行ったが、取り扱っていな

記事を読む

No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術―プロが使っている「愛されるおしゃべり」

(書評)No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術―プロが使っている「愛されるおしゃべり」

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置い

記事を読む

昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方

(書評)昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置い

記事を読む

マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

(書評)マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

2012年から2年間通っていた経営大学院の同期生「かんべみのり」さんが本を出版しました。 私も最後

記事を読む

お金

お金は決して無くならない。『こんなに使える経済学』

最近読んだ本で、こんな記事を読みました。 「不景気になってもお金は無くならない。お金が無くなったよ

記事を読む

生き方

欲望について。『生き方~人間として一番大切なこと~』

京セラ創業者稲盛和夫さんの『生き方~人間として一番大切なこと~』を読んでいて、おもわず「なるほど・・

記事を読む

炎の経営者

日本語の美しさ(高杉良の小説から)

最近、従業員80名の町工場だった日本触媒化学工業(現日本触媒)を東証一部上場の一流化学企業に育て上げ

記事を読む

  • キャバクラについて何か知りたい事があれば、キーワード検索をしてみてください。
  • ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

    ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

  • 応募やご質問など、お気軽にお問い合わせください^^
    友だち追加数
  • ソーシャルメディアマーケティングのプロ50社
  • go_tmk

    キャバクラをプロデュースする会社で経営企画、人事、宣伝など何でも屋をやっている中の人です。 大学生の時にアルバイトをしたのが業界に入ったきっかけで、現場で担当のキャストさんを持ち、ホールやリスト、指名係などもやっていました。 あまり趣味はありませんが、歴史小説、経済小説が結構好きです。

PAGE TOP ↑