おすすめ本

思いやりの本能。『SQ』ダニエル・ゴールマン

投稿日:2014年2月13日 更新日:

「思いやり」と言うのは本能らしい。

マウスの例

マウスにハーネスを付けて空中に吊り下げる。
マウスはキーキーと鳴いて手足をばたつかせる。
危険にさらされてマウスを見て、同じケージで飼われている仲間のマウスも動揺し、吊るされたマウスを安全に地面に下ろす働きをするペダルを押して仲間を助けようとする。

サルの例

6頭のアカゲザルにチェーンを引っ張ると食べ物が出てくる事を教える。
6頭からよく見える場所に別のアカゲザルを連れてきて、6頭がチェーンを引っ張るたびにこのアカゲザルが苦痛を伴うショックを受けるようにする。
ショックを与えられたアカゲザルが痛がるのを見て、6頭のうち4頭は食べ物は少ししか出ないが目の前の仲間がショックを受けずにすむ別のチェーンを引っ張るようになった。
残り2頭のうち1頭は5日の間チェーンを全く引っ張らず、もう1頭は12日間もチェーンを引っ張らず、仲間のアカゲザルに苦痛を与えないように空腹に耐えた。

人間の例

赤ちゃんはほぼ誕生直後から他の赤ちゃんが泣いているのを見たり聞いたりすると、まるで自分が苦痛を感じたかのようにつられて泣き出す。
しかし、自分の泣き声の録音を聞かされた場合には、つられて泣く事はほとんどない。
1歳2カ月ごろになると、幼児は他の幼児の泣き声につられて泣き出すだけでなく、泣いている幼児を慰めようとする。
大きくなるにつれて、幼児はつられて泣くよりも相手を慰めようとする方が多くなる。

 

マウスにも、アカゲザルにも、赤ちゃんにも、苦しんでいる仲間に注意を向け、自分の中でも同じように苦痛を感じ、仲間を助けようとする行動パターンが本能的に備わっている。

種の違いを越えて同じ反応が見られるのはなぜだろう。

答えは簡単だ。

自然が有用な性質を保存しようとするからだ。

(『SQ』ダニエル・ゴールマンより引用)

 

有用な性質って何だろう。

 

簡単に言うと、
「生き延びて子孫を残す」
事にこの思いやりと言う本能は非常に役に立つらしい。

 

 

この本の著者

ダニエル・ゴールマン氏は

『EQ(こころの知能指数)』で有名。

 

自然と湧き上がってくると思っていた感情が、科学的に説明されることで、自分の感情を客観的に見るのに役立ちます。

SQ生きかたの知能指数 

-おすすめ本

執筆者:

関連記事

自省録

自省録

哲人皇帝と言われてマルクスアウレーリウスの 『自省録』 から。 明けがたに起きにくいときには、次の思いを念頭に用意しておくがよい。 「人間のつとめを果たすために私は起きるのだ。」 自分がそのために生ま …

2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方

『2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方』を読んでキャバクラがどう変わるか考えてみた。

1年ちょっと前、 LINEで人気のJK人工知能「りんな」が売れっ子キャバ嬢になれる5つの理由 という記事を書いた時に、僕にりんなを教えてくれた藤野さんが人工知能時代の働き方に関する本を出版されたので読 …

ルポ風営法改正

(書評)ルポ風営法改正~踊れる国のつくりかた~

風俗営業法の改正案が可決 2015年6月17日、ダンスクラブの摘発強化から始まった風営法改正を求める運動が実った事がニュースでも大々的に取り上げられ話題になりました。 キャバクラなどの社交飲食店は従来 …

お金

お金は決して無くならない。『こんなに使える経済学』

最近読んだ本で、こんな記事を読みました。 「不景気になってもお金は無くならない。お金が無くなったように見えるのは、お金の量が同じでも、お金が回らなくなるからである」 この事を大変分かりやすく説明してあ …

昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方

(書評)昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置いています。 今回は『昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方』を紹介します。 …

オフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

人気記事ランキング(PV/日)