(書評)No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術―プロが使っている「愛されるおしゃべり」

公開日: : 最終更新日:2016/10/21 おすすめ本 , ,

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置いています。

今回は『No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術』を紹介します。

本の特徴

読み物として業界を知らない人が読んで楽しい本です。

ところどころ「ほんとかな?」と思えるくらい誇張して書いてある部分もありますが、キャバ嬢という仕事をしっかりと演じるノウハウが詰まっています。

響いたポイント

質問の答えの最後には「○○さんは?」を付ける。相手は会話がしたくて質問してきているので、答えで終わらせない。キャッチボールになるように相手にボールを投げ返す。
例)「彼氏いるの?」には「彼女いるんでしょ?」で返すのが礼儀。

会話が続かない女の子には、質問に答えてそれで終わってしまう人が多くいます。お客様の質問も、そのあとお客様に喋ってもらうように利用しましょう。

接客中の会話やテクニックの紹介

キャバクラは夢を売るために嘘をつくが、売れるウソと売れないウソがある。お客様にとって都合の良いウソでないと売れない。お客様の「お前はこういう女だ」という夢というか願望というか妄想を壊さないようにつとめる。現実を見せない。

キャバ嬢さんは「キャスト」とも呼ばれるように、お店という舞台で「演じる」ことが大切な仕事なのです。

年齢層別に対応を変える。
例)20~25歳→友達のような感じ、26~35歳→その人の応援団になる、30代後半→おやじくささを肯定する、40代独身→「あなたを必要としている」をアピールする

これはかなり具体的に分かりやすく書いてありました。

男性は「派手な生活を送っている女」よりも、「早起きで、料理のできる、しっかりした女」が好き。

(笑)

こんな人におすすめ

・夜の世界を面白おかしく知りたい人

・キャバ嬢を演じることが苦手な人 

 

 

ラインナップは以下の5冊です。(本のタイトルをクリックするとその本の書評ページに移動します。)

『キャバクラ嬢の作法』

『昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方』

『銀座流売れっ娘ホステスの会話術』

『売れっ娘ホステスの会話術《笑わせ上手編》』

『No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術』

更新情報をFacebookページでお知らせ


関連記事

経済成長は不可能なのか

経済成長は不可能なのか - 少子化と財政難を克服する条件

先日、KARAの事を書いたブログで、 「物質的な生産性の向上だけでなく、多くの人が高くても欲しい、サ

記事を読む

LOVE理論 水野敬也

キャバクラを舞台にドラマ化される『LOVE理論』の原作オススメ度は?

歌舞伎町のカリスマキャバ嬢、愛沢えみりさんも出演するという、4月13日(月) 夜11時58分 スター

記事を読む

黒服物語

(書評)『黒服物語』~原作を読んでドラマをもっと楽しむ~

2014年の10月からドラマ化される『黒服物語』を読んでみました。なかなか過激な描写も多くて、これを

記事を読む

日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか

書評『日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか』

銀座に古くからあるキャバレー【白いばら】に19歳から50年間勤め上げた元店長の本を読みました。バブル

記事を読む

デフレの正体

『デフレの正体』

最近話題の『デフレの正体』。 半分くらい読みましたが、ここまでをだいたい整理するとこんな感じでしょ

記事を読む

キャバクラ嬢の作法

(書評)~基本がしっかり学べる~『キャバクラ嬢の作法』

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置い

記事を読む

銀座流売れっ娘ホステスの会話術―気遣いと品のよさで心をつかむ魅力的な話し方

(書評)銀座流売れっ娘ホステスの会話術―気遣いと品のよさで心をつかむ魅力的な話し方

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置い

記事を読む

自省録

自省録

哲人皇帝と言われてマルクスアウレーリウスの 『自省録』 から。 明けがたに起きにくいときに

記事を読む

デフレの正体

『デフレの正体』②

もう少し読み進めました。 (まだ読み切ってはいません) 今日本は「不景気」「デフレ」「少子高齢化」

記事を読む

マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

(書評)マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

2012年から2年間通っていた経営大学院の同期生「かんべみのり」さんが本を出版しました。 私も最後

記事を読む

  • キャバクラについて何か知りたい事があれば、キーワード検索をしてみてください。
  • ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

    ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

  • 応募やご質問など、お気軽にお問い合わせください^^
    友だち追加数
  • ソーシャルメディアマーケティングのプロ50社
  • go_tmk

    キャバクラをプロデュースする会社で経営企画、人事、宣伝など何でも屋をやっている中の人です。 大学生の時にアルバイトをしたのが業界に入ったきっかけで、現場で担当のキャストさんを持ち、ホールやリスト、指名係などもやっていました。 あまり趣味はありませんが、歴史小説、経済小説が結構好きです。

PAGE TOP ↑