(書評)『黒服物語』~原作を読んでドラマをもっと楽しむ~

公開日: : 最終更新日:2016/05/23 おすすめ本

2014年の10月からドラマ化される『黒服物語』を読んでみました。

なかなか過激な描写も多くて、これをジャニーズの中島健人さんと佐々木希さんでどこまで再現するのかめっちゃ気になります。

黒服物語

あらすじ

医学部の受験に失敗した主人公、小川彰(20)が自暴自棄になって酔いつぶれていたところに、池袋のキャバクラ「ジュリエット」のNo.1ホステス杏子が通りかかります。
その杏子に一目惚れした彰はオープン前のジュリエットに「働かせてください!」と乗り込みます。

勤務初日にクラッシュしてお客様やキャストさんにお酒をぶちまけてしまいますが、それでも「初めて見つけた自分の居場所」と頑張ります。

徐々に仕事にも慣れてきたころ、尊敬する上司の原田が杏子とラブホテルから出てくるところを目撃してしまいます…!
ご法度である黒服とキャバ嬢の男女関係に怒り悲しみ、原田に黒服としての勝負を挑む彰ですが…。

そんなこんな紆余曲折を経て一人前の黒服に成長していく物語です。

しかし小川君はよく殴られるキャラですね。
1巻だけでも無銭飲食したバーのマスターに蹴られ、上司に殴られ、医者の父親に殴られ、担当キャストの彼氏に殴られ、担当キャストに蹴られ…(笑)

あるある

読んでいて「あ~、こういうのあるわ~」と思ったこと。

No,1のキャストさんがめっちゃ普通の人と付き合う 

No,1のキャストさんがお客様と付き合って、しかもそれが本当に普通の人だというのも確かにあることです。もちろんお金持ちのお客様と付き合った女の子もいるので、普通の人の方が多いかというとそうではないかもしれませんが…。

付け回しをやっていて女の子に詰め寄られる

付け回し(指名係)は本当に大事なポジションです。回し方が悪いとお店の1カ月後の売上やキャストさんの成績にモロに反映されます。
自然と指導も厳しくなり、キャストさんからの要求もキツくなります。
店舗でアルバイトをしていたころ、お客様、キャスト、上司から詰められて泣きながら付け回しをしている先輩も見たことがあります。

小箱の一体感

面積の小さなお店は黒服同士、キャスト同士だけでなく、お客様まで距離感が近くてアットホームになります。
お客様同士も皆知り合いで、指名被ってても気にしないなんてこともあります。

遅刻や欠勤の常習犯

確かにいます。私もマネージャーになりたての時、担当の女の子から「今日休むからー」ってメールが来て、出勤に穴をあけると上司に怒られるのでテンション下がってました。 

徐々に担当キャストさんとの信頼関係ができて頑張ってくれるようになる 

初めての担当キャスト美樹さんと彰のやりとりはちょっとクサいですが、マネージャーと担当キャストのやり取りにはこんな場面もあります。
やはり人間と人間なのでぶつかる時もあり、信頼関係を構築していくには時間もかかります。

響いたポイント

人は化ける

浪人生活中も全然勉強せずに受験から逃げ出した彰君が立派に黒服として成長していく姿はとても響きます。そして実際こういうことはあるのです。

採用をやっていて、面接の時には「この子大丈夫かなぁ」と思った男性が、半年くらい経つとめちゃくちゃ頼もしい黒服になっていたりします。

TOMの感想

担当マネージャーとキャストのやりとりや、新人ウエイターへのフォロー、付け回しの実務など、割とリアルに描いてあるなぁという印象を受けました。

ところどころ「そんなことあるか!w」と思う部分はありましたが、そこは細かいリアルさと分かりやすい面白さのバランスをとっているんだと思います。
読み物として面白いものにするには、読者の「キャバクラってこうなんでしょう?」という期待にも分かりやすく応えなければいけません。

ただ、個人的にはぼっちゃん刈りだった主人公の襟足がどんどん伸びていく所がなんとなく気に食わないです(笑)

NAVERまとめ

200%楽しむ!キャバクラの中の人が教えるドラマ『黒服物語』の注目ポイント

黒服物語DVD

黒服物語原作

ラグジュアリーフロアの黒服採用情報

もし私たちの仕事に少しでもご興味を持っていただけた方は、ぜひ以下のリンクから採用情報をご覧ください。

オフィシャルサイトの黒服採用情報

更新情報をFacebookページでお知らせ


関連記事

お金

お金は決して無くならない。『こんなに使える経済学』

最近読んだ本で、こんな記事を読みました。 「不景気になってもお金は無くならない。お金が無くなったよ

記事を読む

生き方

欲望について。『生き方~人間として一番大切なこと~』

京セラ創業者稲盛和夫さんの『生き方~人間として一番大切なこと~』を読んでいて、おもわず「なるほど・・

記事を読む

キャバクラ嬢の作法

(書評)~基本がしっかり学べる~『キャバクラ嬢の作法』

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置い

記事を読む

デフレの正体

『デフレの正体』

最近話題の『デフレの正体』。 半分くらい読みましたが、ここまでをだいたい整理するとこんな感じでしょ

記事を読む

マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

(書評)マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

2012年から2年間通っていた経営大学院の同期生「かんべみのり」さんが本を出版しました。 私も最後

記事を読む

沼津マリー インドでキャバクラ

(書評)~超人気webマンガ~『インドでキャバクラ始めました(笑) 』

書評という感じではないですが、最近流行っているwebマンガを読みました。沼津マリーさん(なんと21歳

記事を読む

No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術―プロが使っている「愛されるおしゃべり」

(書評)No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術―プロが使っている「愛されるおしゃべり」

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置い

記事を読む

ルポ風営法改正

(書評)ルポ風営法改正~踊れる国のつくりかた~

風俗営業法の改正案が可決 2015年6月17日、ダンスクラブの摘発強化から始まった風営法改正を求め

記事を読む

自省録

自省録

哲人皇帝と言われてマルクスアウレーリウスの 『自省録』 から。 明けがたに起きにくいときに

記事を読む

日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか

書評『日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか』

銀座に古くからあるキャバレー【白いばら】に19歳から50年間勤め上げた元店長の本を読みました。バブル

記事を読む

  • キャバクラについて何か知りたい事があれば、キーワード検索をしてみてください。
  • ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

    ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

  • 応募やご質問など、お気軽にお問い合わせください^^
    友だち追加数
  • ソーシャルメディアマーケティングのプロ50社
  • go_tmk

    キャバクラをプロデュースする会社で経営企画、人事、宣伝など何でも屋をやっている中の人です。 大学生の時にアルバイトをしたのが業界に入ったきっかけで、現場で担当のキャストさんを持ち、ホールやリスト、指名係などもやっていました。 あまり趣味はありませんが、歴史小説、経済小説が結構好きです。

PAGE TOP ↑