自省録

公開日: : 最終更新日:2015/04/08 おすすめ本

哲人皇帝と言われてマルクスアウレーリウスの

『自省録』

から。

明けがたに起きにくいときには、次の思いを念頭に用意しておくがよい。
「人間のつとめを果たすために私は起きるのだ。」
自分がそのために生まれ、そのためにこの世にきた役目をしに行くのを、
まだぶつぶついっているのか。
それとも自分という人間は夜具の中にもぐりこんで身を温めているために創られたのか。
「だってこのほうが心地よいもの。」
では君は心地よい思いをするために生まれてきたのか、
いったい全体君は物事を受身に経験するために生まれたのか、
それとも行動するために生まれたのか。
小さな草木や小鳥や蟻や蜘蛛や蜜蜂までもがおのがつとめにいそしみ、
それぞれ自己の分を果たして宇宙の秩序を形作っているのを見ないのか

この本は何度も読み返して自省をするが、朝はやっぱり眠い

自省録

更新情報をFacebookページでお知らせ


関連記事

LOVE理論 水野敬也

キャバクラを舞台にドラマ化される『LOVE理論』の原作オススメ度は?

歌舞伎町のカリスマキャバ嬢、愛沢えみりさんも出演するという、4月13日(月) 夜11時58分 スター

記事を読む

売れっ娘ホステスの会話術《笑わせ上手編》―こうすれば、もっと可愛がられる、好意を持たれる

(書評)売れっ娘ホステスの会話術《笑わせ上手編》―こうすれば、もっと可愛がられる、好意を持たれる

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置い

記事を読む

日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか

書評『日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか』

銀座に古くからあるキャバレー【白いばら】に19歳から50年間勤め上げた元店長の本を読みました。バブル

記事を読む

黒服物語

(書評)『黒服物語』~原作を読んでドラマをもっと楽しむ~

2014年の10月からドラマ化される『黒服物語』を読んでみました。なかなか過激な描写も多くて、これを

記事を読む

生き方

欲望について。『生き方~人間として一番大切なこと~』

京セラ創業者稲盛和夫さんの『生き方~人間として一番大切なこと~』を読んでいて、おもわず「なるほど・・

記事を読む

炎の経営者

日本語の美しさ(高杉良の小説から)

最近、従業員80名の町工場だった日本触媒化学工業(現日本触媒)を東証一部上場の一流化学企業に育て上げ

記事を読む

『SQ』ダニエル・ゴールマン

思いやりの本能。『SQ』ダニエル・ゴールマン

「思いやり」と言うのは本能らしい。 マウスの例 マウスにハーネスを付けて空中に吊り下げる。

記事を読む

キャバクラ嬢の作法

(書評)~基本がしっかり学べる~『キャバクラ嬢の作法』

ラグジュアリーフロアではヘアメイクの時なんかに読めるように、お店にキャバクラ嬢さん向けの接客本を置い

記事を読む

沼津マリー インドでキャバクラ

(書評)~超人気webマンガ~『インドでキャバクラ始めました(笑) 』

書評という感じではないですが、最近流行っているwebマンガを読みました。沼津マリーさん(なんと21歳

記事を読む

デフレの正体

『デフレの正体』②

もう少し読み進めました。 (まだ読み切ってはいません) 今日本は「不景気」「デフレ」「少子高齢化」

記事を読む

  • キャバクラについて何か知りたい事があれば、キーワード検索をしてみてください。
  • ラグジュアリーフロアオフィシャルサイト

    ラグジュアリーフロアは、東京都内で安心で上質のナイトライフを身近に提供するキャバクラブランドです。オフィシャルサイトでは中野リオネル、三鷹シン、門前仲町ペリノア、水道橋モナルカの店舗情報、男性スタッフや女性キャストさんの採用情報などを掲載しています。

  • 応募やご質問など、お気軽にお問い合わせください^^
    友だち追加数
  • ソーシャルメディアマーケティングのプロ50社
  • go_tmk

    キャバクラをプロデュースする会社で経営企画、人事、宣伝など何でも屋をやっている中の人です。 大学生の時にアルバイトをしたのが業界に入ったきっかけで、現場で担当のキャストさんを持ち、ホールやリスト、指名係などもやっていました。 あまり趣味はありませんが、歴史小説、経済小説が結構好きです。

PAGE TOP ↑